スマートフォン版へ

セレクトセール1歳で7000万円、ディープインパクト牝馬ミッキーチャーム

  • 2017年12月27日(水) 12時00分
【年末年始の更新スケジュール】
 今年の更新は本日分で終了です。年始の3日は休載となり、10日が初回の更新となる予定です。

●エアヴェイユ(牝 栗東・吉村圭司 父ハードスパン、母エアマグダラ)
 エアアンセム(父シンボリクリスエス/14年弥生賞-GII・4着)の半妹。母エアマグダラは9戦4勝の素質馬で、エアシェイディ(08年アメリカJCC-GII)、エアメサイア(05年秋華賞-GI、05年ローズS-GII)の全妹にあたる。2代母エアデジャヴーはクイーンS(GIII)の勝ち馬。近親にはエアシャカール、エアメサイア、エアスピネル、エアソミュールなど多くの重賞勝ち馬がいる。父ハードスパンは全日本2歳優駿(GI)を勝ったサマリーズの父で、日本で供用されたのはわずか1年。本国アメリカでの成績が予想以上に優秀だったため、すぐ呼び戻されて帰ってしまった。現2歳は芝2勝、ダート9勝という成績だが、シャトルで渡ったオーストラリアで芝のG1馬を出し、アメリカでもアーリントンミリオン(G1・芝10f)の勝ち馬を出しているので、芝適性もそれなりに備えている。芝・ダート兼用のマイラーだろう。

●スズノアリュール(牡 栗東・矢作芳人 父ゴールドアリュール、母アジアンプリンセス)
 ブリンディス(父タイキシャトル/3勝)、アップルハウス(父アジュディケーティング/2勝)、ピースオブケイク(父ティンバーカントリー/1勝)の半弟。父は違っても共通しているのはすべてダート馬であること。本馬の父はダート種牡馬界の横綱ゴールドアリュールなので、間違いなくダートで活躍するだろう。母方にSeeking the Goldを持つゴールドアリュール産駒にはグレイスフルリープ(サマーチャンピオン-Jpn3)がおり、父方のNureyevを刺激する配合は成功しているのでNureyev≒Fairy Dancer 3×3は悪くない。ダート向きのマイラーだろう。

●ブリオレット(牝 栗東・角居勝彦 父ロードカナロア、母シナノネージュ)
 ブランネージュ(父シンボリクリスエス/14年フローラS-GII・2着、14年秋華賞-GI・4着、14年オークス-GI・5着)、ボンナヴァン(父シンボリクリスエス/3勝)の半妹。母シナノネージュは未勝利だが、2代母コードネームはマイルチャンピオンシップ(GI)と香港マイル(G1)を連勝したハットトリックの全姉。ハットトリックは引退後、アメリカへ渡って種牡馬となり、ダビルシム(仏年度代表馬)をはじめ多くの重賞勝ち馬を出して成功している。父ロードカナロアは現2歳の初年度産駒が37勝を挙げる大成功。2018年の種付け料は前年比300万円増の800万円となった。初年度のJRA2歳戦の記録はディープインパクトの41勝(2010年)。本年の開催は残り1日なのでこれを更新するのは難しい情勢だが、歴代2位だったダイワメジャーの31勝(2011年)は上回っており、いずれはリーディングサイアーを争う種牡馬となりそうだ。「ロードカナロア×フレンチデピュティ」は少ないサンプルからアンヴァル(17年福島2歳S-OP)が出ている。芝向きのマイラー。

●ミッキーチャーム(牝 栗東・中内田充正 父ディープインパクト、母リップルスメイド)
 2016年のセレクトセール1歳にて7000万円(税抜)で落札された。母リップルスメイドはイギリスで走り、重賞を勝った経験こそないものの、芝短距離のステークスで再三入着を果たした。その半兄Peak to CreekはホーリスヒルS(英G3・芝7f)の勝ち馬。2代母Rivers Rhapsodyはスピード豊かなDominionを父に持ち、Princely Gift 3×5、Abernant 4×3などスピード血統を強化している。父ディープインパクトはヨーロッパのスプリンター血統と相性がよく、年度代表馬ジェンティルドンナなどもこのパターンから誕生している。母の父Dansiliはハービンジャーの父として知られ、堅い馬場に適性が高い。したがって日本の馬場に問題なく適応できるのではないかと思われる。芝1600mから2000mがベスト。気性次第で2400mもこなせる。

●メルジェリーナ(牝 栗東・浅見秀一 父ハービンジャー、母ルミナスハーバー)
 アットザシーサイド(16年桜花賞-GI・3着、16年フィリーズレビュー-GII・2着)の半妹。父はキングカメハメハからハービンジャーに替わった。母ルミナスハーバーは阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の3着馬で、その半兄にヒシアトラス(05年平安S-GIII、06年マーチS-GIII、06年エルムS-GIII)がいる。「ハービンジャー×アグネスタキオン」の組み合わせからはフラワーC(GIII)4着のギモーヴ、札幌2歳S(GIII)5着のアラバスター、スティーグリッツ(3勝)などが出ている。仕上がりが早くいきなり走れる血統なのでデビュー戦から狙える。全姉ルミナスコーストはスピードが足りず未勝利に終わったが、アメリカにルーツを持つファミリーに属し、2代母タックスヘイブンはAlydarの娘でNasrullah 4×4・5と、有り余るくらいのスピードに恵まれている。芝のマイル前後で活躍しそうだ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング