スマートフォン版へ

先週は33万馬券的中!調教Gメンの“捜査”は今週も見逃せない!

  • 2018年01月11日(木) 18時00分


ミッキーロケットは問題なしと言いたいところですが…


 2018年最初のウマい馬券。初日に3連複33万馬券を的中することができ、好スタートを決めることができました。他のレースでの不的中を考えれば、これだけで喜んではいけないのですが、やっぱりこれだけの高額配当を的中できると頬が緩みます。トレセンでも「なんかデカイやつ当たったらしいやん」と褒められますし、やっぱり的中はいい気分です(笑)。

 問題は今週以降の3場開催。予想する時間がどうしても少なくなる分、1Rあたりがタイトになります。そこをカバーすべく、追い切りの時点から本命に目星をつけていっていますが、なんとか開幕週の回収率を維持、あわよくば上昇させたいところ。愛知杯あたりが的中すれば、回収率的にはかなり上がってくると思うのですが。

【愛知杯/マキシマムドパリ】

 ここ2走、そして5走前のマーメイドS1着時に共通する最終追い切り内容が栗東坂路でのラスト1F11.8秒。トラック馬場ならまだしも、坂路でこれだけの数字をマークできるということは、素晴らしい脚力があることを示します。だからこそ重賞を勝っているわけですが、今回はこの数字ではありません。

 ラスト1F12.5秒。これは前記数字と比べるとかなり遅くなります。また、4F時計も56.9秒と遅くなっています。1月9日は全休日でしたが、この馬は坂路でのキャンターを行っており、いわゆる「通常通り」に調整できているはず。にもかかわらずこの時計の遅さはやっぱり気になります。それは陣営が意図的に行っていることだとしても、です。

【愛知杯/メイズオブオナー】

 昨年6月にダートの未勝利戦を勝利。ローズSで13着に敗れたことを思えば、ダートに戻してくると思いましたが、前走が中山芝2000mで差し切り勝ち。秋以降はぐんぐんと成長して、力をつけている。前走の内容からそんな印象を受けていました。

 それが変わらず感じられた最終追い切り。CWで松若風馬騎手が騎乗していましたが、エンジェルフェイスを追走して、楽に前を捕まえて鋭い伸び。スピードはもちろんですが、前走が中山芝での差し切り勝ちだったようにパワーも十分。50キロの軽量を活かせば、重賞のここでも十分にチャンスです。

秋以降にぐんぐんと成長、力をつけている印象のメイズオブオナー(1月11日撮影) style=

秋以降にぐんぐんと成長、力をつけている印象のメイズオブオナー(写真奥、1月11日撮影)


【京成杯/ダブルシャープ】

 10日。この日は追い切りではなく、角馬場から坂路でのキャンターでしたが、すごくスムーズな走りで、前走時とは少し違う印象。それだけに追い切りでもスムーズな走りを期待していましたが、実際はそうはなっていません。

 これは最終追い切りのラップを見ていただければ分かります。栗東坂路ですが、1F目14.7秒に対して、2F目14.9秒。そして3F目12.4秒からの4F目12.5秒。最後はそれなりに踏ん張っていますが、道中のラップはまだまだちぐはぐ。能力が高いことは承知していますが、それを発揮できる状況にはまだないと思います。

【日経新春杯/ミッキーロケット】

 すでに報道されているように、中間に傷腫れ。その影響があって、2日と3日の坂路馬場でのキャンターを控えており、1月5日の追い切りがそれを確認するように、いつもの1週前追い切りに比べるとかなり軽くなりました。とはいっても、ラスト1F12.3秒と終いを伸ばせており「問題ない」と言いたいところですが…。

 だからこそ、最終追い切りもしっかりやってきました。インディチャンプが走りすぎたこともあり、結果的に遅れましたが、この馬らしい快速ラップを踏んで、4F51.2秒。京都大賞典の最終追い切り時に似た時計を出してきました。欲を言えば、ラスト1Fが12.5秒くらいだと併せ馬も遅れていなかったでしょうから、ひょっとしたら、このあたりが1週前追い切りの影響が出たのかも知れません。

【日経新春杯/ロードヴァンドール】

 京都競馬場には抜群の実績を残しているとはいえ、距離が芝2400m。個人的にはここに問題がありそうな印象。まあそれは調教と関係ない部分なので、状態だけに関して評価すれば、あの動きを見せられると評価しないわけにはいきません。

 それが単走での最終追い切り。リズムよく、気分よく走る道中のフットワークは少し小さめですが、最後の直線に向いて、追い出されてからのフットワークはダイナミック。緩急をつけて走ることができる状態は明らかに具合が良い証拠。追い切り前は少し煩い仕草も見せていただけに、これが実戦で影響しなければといったところですが、11日の最終追い終了時点では評価すべきでしょう。

追い出されてからのフットワークがダイナミックなロードヴァンドール(1月11日撮影) style=

追い出されてからのフットワークがダイナミックなロードヴァンドール(1月11日撮影)


◆次走要注意

・1/7 フェアリーS【トロワゼトワル】(3人5着)

 馬体重を減らすこともなく、体調面は全く問題なかったと思います。ただゲートオープンのタイミングが悪くて出遅れ。これがすべてだったことは、メンバー最速の上がりを使ったことで明らかでしょう。

[メモ登録用コメント] [芝マイル]最終追い切りでラスト1F最速ラップなら勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・4歳上500万下【ライデンバローズ】
 最終追い切りはカラビナに先行。相手も好調ですが、こちらがそれ以上と示さんばかりの先行先着。後ろから追いかけられれば、抜かせまいと伸びるところが以前とは違っており、レースでもその形を維持すれば。

後ろから追いかけられれば抜かせまいと伸びるライデンバローズ(写真手前、1月11日撮影) style=

後ろから追いかけられれば抜かせまいと伸びるライデンバローズ(写真手前、1月11日撮影)


【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング