スマートフォン版へ

4歳馬不在で5歳馬が俄然有利な今年の日経新春杯

  • 2018年01月12日(金) 18時00分


◆穴を狙うなら前走オープンから斤量減の馬

 日経新春杯は4歳馬の強い重賞だが、今年は4歳が不在。そうなると5歳馬が俄然有利になってくる。

 それもあって、ミッキーロケットはやはり有力なのではないかと思う。そもそもこのレースは堅いし、前走重賞好走馬の成績も良い。昨年よりは重いハンデを背負うがそれでも馬齢重量から500グラム増しなら許容範囲。ただ差しの競馬が続いているので、差し遅れは怖い。昨年並みとは言わないが、ある程度積極的に仕掛けたい。

 昨年の好走馬ということではモンドインテロもいる。スタミナ色の強い決着になったときに出番がありそうだ。ただ自分で競馬を作れるタイプではないので、展開待ちではある。
 
 オープン馬の層が薄いのでパフォーマプロミスがかなり人気になりそう。ただ準オープン好走組はこのレースで過剰人気になりやすいのと、今回も正直騎手人気なところはあると思う。配当がつかないのにこの馬を狙うくらいなら、過去10年の1000万条件組が[1-1-1-2]という点を拠りどころにしてガンコまで思い切ってみるという手もある。

 そのガンコが本当に馬券に絡むとしたら前残りの形だろう。その場合、ロードヴァンドールが逃げ残っている可能性はある。正直距離は不安だが、2400mぶんのスタミナを問われない形になればまた別。横山典騎手で逃げ馬というのはいかにも不気味だ。

 ソールインパクトもかなりチャンスがありそうな馬。古馬オープンでははじめて54キロを背負うが、経験している53キロから1キロでガタっと来るとも思えない。勝ちきれない馬ではあるが、距離適性は明らか。なんらかのシルシ、それも重めのシルシが必要だろう。

 それ以外の馬となると選択が難しいが、このレースは前走オープンから斤量減となる馬がたまに穴をあける(ただし的中頻度は低い)ことがあるので、狙うとしたらその形か。前走が重賞で今回前走から斤量減という馬は3頭。ベルーフ、ヒットザターゲット、トルークマクトの3択だが、この3択なら過去1年の成績からもベルーフだろう。ただそれとて△で3連単の3着前提、くらいの扱いでよいように思える。

【予想】須田鷹雄の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!
※PC・スマートフォンよりご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング