スマートフォン版へ

上位拮抗の混戦で人気馬の過信は禁物!/共同通信杯

  • 2018年02月07日(水) 18時00分

■共同通信杯(G3・東京芝1800m)フルゲート16頭/登録17頭


【特注データ】〜レースデータより〜



 共同通信杯のレースデータにおいて、「特注」といえるレースキャリア別成績。複勝率はそう変わらないのだが、勝率や連対率については、キャリア3〜4戦の馬が飛び抜けて高いのである。今年の登録馬でこれに該当するのは、アメリカンワールド、エイムアンドエンド、オウケンムーン、ゴーフォザサミットの4頭だけだ。

 次に評価が高いのは、回収率ベースの数値が高いキャリア5〜6戦の馬で、こちらはカフジバンガード、コスモイグナーツ、トッカータ、モリトユウブ、ヤマノグラップルと穴馬ぞろい。キャリア1〜2戦の馬は信頼度、回収率のいずれも低いので、買いやすいパターンとは言えないだろう。2戦2勝のグレイルであっても、過信は禁物といえる。

 信頼度が高いキャリア3〜4戦馬のなかでも、とくに期待大なのが「前走オープン」「前走5番人気以内」といった条件を満たす馬。この両方をクリアした馬は、トータル[6-4-3-12]で連対率40.0%、複勝率52.0%をマークしている。しかも、単勝適正回収値124、複勝回収値99と妙味も十分。今年の登録馬でこの条件を満たすのは、人気薄のエイムアンドエンド1頭だけだ。侮れない面がある伏兵として、しっかりマークしておきたい。

【コース総論】東京芝1800m Dコース使用

・コースの要所!

★1番人気が非常に強いコースだが、同時に7〜9番人気の強さも目立つ。
★枠番は内〜中であれば問題なし。馬番13番より外は少し割引きが必要。
★東京芝らしく脚質面は差し優勢。最速上がり馬の信頼度も非常に高い。





 1〜2コーナーの間にあるポケットから、バックストレッチへと斜めに進入。そこから先は東京芝1600mと同じ──というのが、東京の芝1800mのコース形態だ。スタート直後にカーブがあるので、東京芝2000mほどではないとはいえ、理屈としては内枠のほうがベターなはず。それが実際にどうかは、後ほど詳しく解説する。

 まずは人気別だが、16頭以上の多頭数に限定したデータでも、1番人気は[39-25-11-33]で勝率36.1%、連対率59.3%という高い数値をマーク。信頼度の高さは抜群で、回収率ベースの数値も非常に高いという好内容である。同様に強いのが7〜9番人気で、それとは対照的に、10〜12番人気や13番人気以下などの大穴は低空飛行。極端な穴狙いはオススメしかねるコースだ。

 続いて枠番。もっと内枠有利な傾向が見られるかと思ったが、馬番1〜4番、5〜8番、9〜12番などの信頼度はほぼ横並びで、「内枠有利」とはいえない内容である。しかし、外枠である馬番13〜16番や17〜18番になると、信頼度は大きくダウン。さらに回収率や枠番値も低いことから、外枠がやや不利であるのは間違いない。7〜8枠あたりに入った馬は、少し評価を割り引いたほうがいいだろう。

 最後に脚質面だが、こちらはイメージ通りに差し優勢。勝率、連対率、複勝率のいずれも、もっとも高いのは中団待機組となった。当然ながら、最速上がり馬も[11-7-4-19]で勝率26.8%、連対率43.9%と好成績。逃げ馬や先行勢も展開や馬場次第で残せるが、アタマで狙いやすいのは「中団から差す馬」とみて間違いない。

【レース総論】共同通信杯(G3) 過去10年

・レースの要所!

★7番人気以下[0-0-3-62]と人気馬が圧倒的に強い。大穴狙いは避けるべき。
★コースデータとは違い内枠有利&外枠不利。馬番1〜4番は「超」有利か。
★脚質は先行勢が優勢で、差せそうで意外に差せない。好位〜中団が理想。
★前走での人気、着順、クラスなどが結果に直結するレース。実績重視で。








 レースの平均配当は、単勝802円、馬連2990円、3連複1万4452円と、かなり低めの水準。それもそのはずで、過去10年の共同通信杯において7番人気以下だった馬は、トータル[0-0-3-62]と、なんと3頭しか馬券に絡んでいない。しかし、1番人気が圧倒的に強いレースではない──というのが面白いところ。狙ってオイシイのは、[3-4-2-21]で複勝率30.0%と好走率が高く、回収率ベースの数値も高い4〜6番人気だ。

 次に枠番だが、少頭数となる年も多いので公平なデータとはいえない代物だが、それでも内枠有利&外枠不利と判断して問題ないだろう。とくに素晴らしいのが馬番1〜4番で、トータル[5-5-2-28]と、なんと連対馬の半数がここから出ている。勝ち馬に関しては現在のところ3年連続で、今年も目が離せないはず。今週も「真ん中よりも内」に入った馬を、徹底的に重視するスタンスをオススメする。

 脚質はコースデータよりも先行勢が優勢。先週の東京新聞杯もそうだったが、この時期に使われるDコースは、ほかの時期に比べて内有利&前有利の傾向が格段に強まっている。「東京芝でも差せそうで差せない」と捉えるべきで、決め脚は必要とされるが、後方からの競馬では間に合わない。好位〜中団やや前から速い脚を繰り出せるような、競馬センスの良さや器用さが求められてくる。

 あとは、前走からの巻き返しがきかない点も強調しておきたい。前走での人気や着順、クラスなどが結果に直結しており、だからこそ堅く決まる傾向が強いのだ。前走5番人気以下馬や前走4着以下馬などは、その次点で期待薄。前走が新馬〜500万下だった馬も、ここでは総じて信頼度が低い。

 最後に、前走で出走していたレースの距離について。芝2000mからの距離短縮組が人気を集めるケースが多く、ホープフルSがG1に昇格したことで、この傾向はさらに強まると思われる。しかし、肝心の内容はイマイチで、平均人気が高いので妙味もない。出走数が多いので[4-4-6-45]と馬券に絡んでいる回数も多いが、これなら芝1600mからの距離延長組や、芝1800mからの同距離組を狙ったほうがベターだ。

【馬場&血統総論】


・現在の馬場
 引き続きDコース。内&前のほうが有利な馬場バイアスが継続しそう。

・天候予測
 日曜日は好天となる見通しで気温もかなり高め。良馬場前提の予想で。

・注目血統
 ディープインパクト産駒◎、アグネスデジタル産駒○

 先週の東京新聞杯では、最内のラチ沿いをグイグイ伸びたサトノアレスが2着に好走。勝ったリスグラシューも前をうまく捌いての1着で、相変わらず「内>外」の馬場バイアスだと思われる。引き続きDコースなので、おそらく今週も傾向に変化はないはず。後方から外をブン回して勝つには、かなりの能力差が必要となりそうだ。

 血統面は、ディープインパクト産駒とアグネスデジタル産駒をプラス評価。ここはハーツクライ産駒やステイゴールド産駒が人気を集めそうだが、コース適性についてはディープインパクト産駒のほうが、一枚も二枚も上だ。まさかの激走があるならアグネスデジタル産駒で、血統派ならばモリトユウブをちょっとだけ押さえてみるのも面白いか。

★出走登録馬・総論×各論

 フルゲート16頭に対して17頭の登録があるが、フィニフティは重複登録しているクイーンCに出走予定。さらにブレステイキングも回避のようで、結局はフルゲートを割り込みそうだ。netkeiba.comの予想オッズでは、現在のところ2戦2勝の重賞ウイナーであるグレイルが、単勝1倍台の圧倒的な支持を集めている。ホープフルSの覇者タイムフライヤーを負かしている実績は、確かにここでは「断然」だろう。

 しかし、キャリア2戦であることや、1番人気が[2-2-2-4]と2勝しかしていない点、前走が芝2000m戦であることなど、信頼できかねる側面アリ。前走重賞1着馬も[1-1-0-4]と、取りこぼすケースがけっこう多い。相手関係は確かに軽いが、人気やオッズほどに信頼度が高いかといえば、正直なところビミョー。実績がモノを言うレースだけに上位には評価すべきだが、過信は禁物だ。

 トップ評価は、地味にプラス評価の項目を積み上げたカフジバンガード。コレという強い買い材料はないが、同時にマイナス評価となった項目もなく、この混戦模様ならば上位に食い込めると判断した。東京スポーツ杯2歳Sで4着、シンザン記念で5着という実績は、ここでは胸が張れるもの。「真ん中よりも内」を引ければ、かなり期待できそうである。

 二番手評価に、現在2連勝中のオウケンムーン。前走が500万下であるのが割引だが、今年のメンバーであれば大きなマイナスにはならないだろう。新潟の芝2000mでレコードを出せるスピードがあり、「キャリア3戦」で前走が1番人気1着と、臨戦過程も良好。こちらも、ぜひとも「真ん中よりも内」の枠番が欲しいところだ。

 三番手評価に前述のグレイルで、四番手評価にアメリカンワールド。未勝利を勝ったばかりというのは大幅マイナス材料なのだが、その内容はたいへん優秀で、リスクを承知で狙ってみたいと思わせるモノがある。数少ない「前走芝1800m戦」組で、キャリアが3戦であるのも大きなプラス。能力的にもそう遜色はないと見るが、どうか。

 以下はゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、エイムアンドエンド、サトノソルタスという評価の序列。上位拮抗の混戦模様だけに、今年は例年にも増して枠番が重要となりそうだ。「馬番1〜4番に入った先行可能な馬」は、人気薄でも必ず押さえておきたいところ。堅く決まる傾向が強いレースだが、波乱となる可能性は例年より高いと思われる。


■総論×各論・先週の馬券回顧




東京11レース 東京新聞杯(G3)
1着 08リスグラシュー
2着 03サトノアレス
3着 15ダイワキャグニー

一瞬アツかったぜ(#^ω^)ビキビキ

上位評価の02デンコウアンジュと04ディバインコードは、健闘するも掲示板まで。9番人気と11番人気だったから、上々の結果と言えなくもないんだけども(歯ぎしり)。とりあえず来年も、「真ん中よりも内を買え」な方向でいきたいと思いますデス。

※コース&血統データは2014年以降、レースデータは2008年以降が集計対象です。
※枠番値は、当該枠番における「平均人気-平均着順」を表すもの。プラスの数字が大きければ大きいほど、人気よりも上の着順に来ていることになります。

【予想】小林誠の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬業界よろず請負人。1974年三重県生まれ。これまで裏方的な仕事に数多く関わってきたが、さすがに限界を感じて、最近は表舞台への進出を画策中。ライターとして『サラブレ』『UMAJIN』などに寄稿するほか、須田鷹雄監修の『POGの達人』には編集デスクとして参加。2005年に前半3ハロンタイムに特化した予想メソッドを発表し、それを用いた予想をnetkeibaにて公開している。コーヒー党、無類の猫好き。

No.1予想にて関西全レース予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング