スマートフォン版へ

【2018年京都記念予想】的中のポイントは“レイデオロの取捨”

  • 2018年02月09日(金) 20時00分
■京都記念のポイント&出走馬・全頭評価


ジャパンC以来の実戦、レイデオロの取捨をどう判断?


 昨年のダービー馬レイデオロが出走する京都記念。しかし、レイデオロにはいくつかの懸念点が。

 初めてルメール騎手以外の騎手が騎乗、代打・バルジュー騎手が日本で騎乗するのは約1年半ぶり、馬自身はジャパンC以来の休み明け、さらに初の京都コース…。

 これらの点を踏まえて、柏木さん&丹下さんはレイデオロの取捨をどう判断するのか!?

 また、アルアイン、モズカッチャンらGI戦線を賑わせた強豪が多数出走している今回、一頭一頭をジャッジしながら、『買いたい馬をどう選べばいいのか』のポイントを詳しく解説します。

 番組後半では、同日の東京で行われる共同通信杯の展望も! クラシックにつながる重要レースだけに、普段よりも多くの時間を割いて狙い馬を語ります。今週も最後までお見逃しなく!

※番組閲覧につきまして※
この動画は一部公開版です! 本編は予想・コラムや便利ツールがまるごと楽しめる『月額コース』でのサービスとなります。続きが気になる方は、ぜひぜひ「登録して続きを見る」ボタンよりお進みください♪(ご案内ページに進みます)


■出演者
柏木集保
1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。

丹下日出夫
1958年、山口県生まれ。慶応大学経済学部除籍。「ホースニュース馬」入社後は先輩の井崎脩五郎に師事する。血統班などを経て本紙予想を長年に渡って担当。

平田理奈
1991年、富山県出身。2015ミスユニバース・ジャパン日本大会 TOP16(富山県代表)。趣味はタヒチアンダンス。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

柏木集保・丹下日出夫の二大巨頭がnetkeibaを舞台に熱いトークバトルを繰り広げる! GI、重賞レースの予想はもちろん、ユーザーからの質問コーナーや飛び切りの狙い馬情報などで週末を盛り上げます!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング