スマートフォン版へ

3歳重賞の日程を繰り下げたホッカイドウ競馬

  • 2018年02月20日(火) 18時00分


◆賞金アップでさらなる盛り上がりに期待

 新年度を前に、地方の各地の主催者から続々と開催日程や重賞の予定が発表されている。まだすべての主催者からリリースがあったわけではないが、一昨年までの『ダービーウイーク』が昨年からは『ダービーシリーズ』となり、また『3歳秋のチャンピオンシップ』も昨年からスタートしたように、いま地方競馬では3歳戦線で大きな動きがある。そうした状況で、2018年度の重賞路線で変化が目についたのがホッカイドウ競馬だ。

 日程が大きく変更されたのが3歳重賞。2008年以降、昨年までの10年間、一冠目の北斗盃は4月の開幕週に行われていたのが、2018年度は5月30日(水)の開催と、1カ月以上も繰り下げられた。同様に、旧ダービーウイークとしておおむね6月の1週目に行われていた二冠目の北海優駿も2週ほど繰り下がって6月20日(水)の開催となった。

 かつてのダービーウイークは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング