スマートフォン版へ

ディープインパクトの種付け料が世界一に 高齢化で次を模索する動きも

  • 2018年02月26日(月) 18時01分
教えてノモケン

▲種牡馬としてお披露目されたキタサンブラック (撮影:田中哲実)


 2月前半は北海道の馬産地で、種牡馬展示会が相次いで行われる時期だ。今年も2月6日の社台スタリオンステーション(安平町)を皮切りに、翌週にかけて各種馬場で展示会が開催された。今年の注目は同ステーションに新たに入ったキタサンブラックで、もともとは日高産だが、近年の活躍馬のご多分に漏れず、安平で種牡馬生活に入った。初年度の種付け料は 500万円と、血統を考えればやや高めに設定された印象だ。

 今年は北海道内の主な8カ所の種馬場で、輸入馬3頭を含めて18頭が新たに供用される。ディープインパクトを初めとした上位種牡馬が高齢化し、次の主役を模索する動きが始まった生産界。本稿では昨年来の新たな流れを整理してみる。

交配頭数抑制狙い? 種付け料値上げ


 今年の国内種牡馬を巡る最も注目すべきニュースは、ディープインパクトの種付け料値上げだろう。実際には昨年11月21日に発表されたのだが、従来の3000万円から4000万円に引き上げとなった。

教えてノモケン

▲種付け料がついに世界一となったディープインパクト (撮影:田中哲実)


 ディープの父サンデーサイレンスは最盛期に3000万円に達していたと言われるが、価格でも父を抜いたのである。海外でも、北米最高額のタピット(17歳)が30万ドル(約3150万円)、欧州最高額のフランケル(10歳)が17万5000ポンド(約2625万円)だから、額が公表されている種牡馬としては世界一となった。

 ディープインパクトは産駒がデビューした2010年(交配はデビュー前となる)は900万円に落ちていたが、11年に1000万円に回復。ここから、13年に1500万円、14年以降は2000万円→2500万円→3000万円と毎年、値上げが続き、昨年は据え置かれたが、今年はついに4000万円に到達した。

 値上げに踏み切った事情をあえて推測すれば、交配頭数の抑制ではないか。同馬は今年で16歳。父サンデーサイレンスも02年8月、16歳で死亡した。「いつ何があってもおかしくない」年齢に達したのである。

 しかも、サンデーの交配頭数が急増したのは、産駒が活躍し始めた後で、年間200頭を超えたのは供用12年中、01年の1度だけ。対するディープインパクトは供用11年で交配頭数が200頭に届かなかったのは09年(171頭)だけで、父よりはるかに使い減りしていることになる。値上げで交配頭数が急減するとは考えにくいが、供用側も年齢を考えざるを得ない時期に来ていることを示す措置なのは明らかだ。

ランク上位は軒並み高齢化


 昨年の中央の種牡馬ランクを見れば、いかに上位が高齢化しているかがわかる。首位ディープに続いたのが1歳上のキングカメハメハで、3位は15年に21歳で死亡したステイゴールドで、4位ハーツクライ、5位ダイワメジャーもキングカメハメハと同世代だ。

 この2001年産組3頭は、種牡馬としてもディープとは異なる個性を発揮し続けており、世代全体としてはディープの代よりもはるかにタレント豊富だったと言える。キングカメハメハは短距離から中長距離、さらにダートに至るまで幅広く面倒を見る。芝の中長距離に強いハーツクライ、主に芝の短距離から1600mが守備範囲のダイワメジャーと、3頭を並べてみると、絶妙のバランスを形成している。

 では、この3頭の今年の種付け料は…。キングカメハメハは前年の1000万円から1200万円に引き上げ。ダイワメジャーは500万円、ハーツクライは800万円でそれぞれ据え置かれた。キングカメハメハの場合、近年は長く局部の疾患に悩まされて交配頭数が少なめで推移しており、13年に81頭に急減した後は、最多でも16年の151頭。昨年は132頭に減った。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

コラムテーマ募集
教えてノモケン! / 野元賢一
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング