スマートフォン版へ

【予告】ネヴァブションのドラマ・第二章、始まる/廣崎利洋オーナーらインタビュー

  • 2018年02月27日(火) 18時01分
ノンフィクションファイル

▲「ブションの産駒は僕の宝物」ネヴァブションと産駒への思いを語った廣崎利洋オーナー


 2016年11月、繋養先のアロースタッドで1頭の種牡馬が天国に旅立った。

 ネヴァブション──現役時代は中長距離重賞の常連として、多くの競馬ファンに愛された“いぶし銀”であり“個性派”。全8勝中、重賞3勝を含む5勝が中山という巧者でもあった。

 デビューから6年半、持ち乗り厩務員として(当時)担当したのが、今年開業2年目を迎えた青木孝文調教師である。

 幾度かの長期休養を挟みつつ、競走馬生活は8年に及んだネヴァブション。全54戦中、40戦を共に戦った。

 引退まで担当できなかったことが青木師の心残りだったが、その無念は、新たな形で晴らされようとしていた。

「調教師としてネヴァブションの子供を手掛ける」

ノンフィクションファイル

▲2009年のAJCC優勝時のネヴァブション (撮影:下野雄規)


 名バイプレイヤーとして高い人気を誇ったネヴァブションだが、GIは未勝利。父マーベラスサンデー、母父ミルリーフという地味な血統でもあり、通常であれば、種牡馬への道は拓けない。

 そのキーマンとなった人物が、廣崎利洋オーナー。

 ストレイトガールやレッツゴードンキを所有し、いまや数々のGIタイトルを手にしている廣崎オーナー。その馬主人生の礎となった存在が、ネヴァブションだった。

 種付け料は受胎条件で10万円。そこにビジネスは一切存在しない、廣崎オーナーの懐の深さだった。そして、5度目のチャレンジで調教師試験に合格した青木師に、産駒を預託することも決めた。

 お互いに立場は変わったものの、かつてのパートナーと再タッグを組むことが決定した青木師。

 しかし──ネヴァブションの死は、まさにその矢先の出来事であった。



―――――――――――――――

 ネヴァブションが残した産駒は、3世代6頭。

 奇跡ともいえるめぐり合わせで、再び動き始めたネヴァブションのドラマは、2018年、産駒のデビューという大きな局面を迎えようとしています。

 青木孝文調教師のインタビュー(3/1前編、3/2後編)、廣崎利洋オーナーのインタビュー(3/8前編、3/9後編)、そして産駒の動画を踏まえて、この奇跡のドラマをお届けします。

 公開まではまもなく。どうぞお楽しみに。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング