スマートフォン版へ

レッツゴードンキの全弟ガッドハンド

  • 2018年02月28日(水) 12時00分
≪2歳≫

●オメガ(牡 栗東・中内田充正 父ダイワメジャー、母リアリサトリス)
 4分の3兄リアリスト(父ゼンノロブロイ)はダートで2勝を挙げ、現在500万下に在籍中。母リアリサトリスはフランスで走り、芝1300〜1600mのリステッドレースで2〜3着の成績がある。Number≒Nureyev 2×3という4分の3同血クロスが配合的なセールスポイント。3代母Rive Du Sudは名繁殖牝馬ローザネイの4分の3姉でもある。したがって繁殖牝馬としての楽しみは大きい。母方に入るBlushing Groomは父ダイワメジャーと相性が良く、メジャーエンブレム(15年阪神JF-GI、16年NHKマイルC-GI、16年クイーンC-GIII)、コパノリチャード(14年高松宮記念-GIなど重賞4勝)、ロジチャリス(17年ダービー卿CT-GIII)をはじめ多くの活躍馬が誕生している。芝のマイル前後で確実に走ってきそうだ。

●ガッドハンド(牡 栗東・梅田智之 父キングカメハメハ、母マルトク)
 桜花賞(GI)、京都牝馬S(GIII)を勝ち、スプリンターズS(GI)と高松宮記念(G1)でも2着と健闘したレッツゴードンキの全弟。NijinskyとRobertoを併せ持つキングカメハメハ産駒は、レッツゴードンキのほかにラブリーデイ、フィフスペトル、キョウワダッフィー、ケイアイエレガント、キングストリート、クラシカルノヴァなど多くの活躍馬が出ている。また、Kingmambo≒ジェイドロバリーに、サンデーサイレンスとRobertoを加えたパターンは、メイショウマンボ(13年オークス-GI、13年秋華賞-GI、13年エリザベス女王杯-GI)に似ている。性別が牡に替わったので、姉よりもパワーが前面に出る可能性はあるものの、配合的には高く評価できるのでおもしろい。

●ショーギーニ(牡 栗東・大根田裕之 父ストロングリターン、母ウイニフレッド)
 3代母Winning Colorsは牝馬ながらケンタッキーダービー(米G1)を勝った女傑。母ウイニフレッドの半兄には露2000ギニー(G1)などロシアで6つの重賞を勝ったSerebryany Bor(父Broad Brush)がいる。父ストロングリターンは安田記念(GI)と京王杯SC(GII)の勝ち馬で、現3歳世代が初年度産駒。代表産駒のツヅミモンとペイシャルアスは、いずれもニジンスキークロスを持っている。母にはNijinskyと相似な血のStorm Birdも入るので、本馬はNijinsky≒Storm Bird 4×4・5となる。父はサンデーサイレンスを含まないので、これを入れた配合も悪くない。芝・ダート兼用の中距離タイプだろう。

●トモジャチャーリー(牡 栗東・大根田裕之 父ジャスタウェイ、母ボールルーム)
 2代母Virginia Watersは英1000ギニー(G1)を勝った名牝。同馬の「Kingmambo×Sadler's Wells」の組み合わせはニックスで、年度代表馬で凱旋門賞(G1)でも2着となったエルコンドルパサーをはじめ、Henrythenavigator(08年英2000ギニー-G1、08年愛2000ギニー-G1などG1を4勝)、Divine Proportions(05年仏1000ギニー-G1、05年仏オークス-G1などG1を5勝)など多くの名馬が誕生している。父ジャスタウェイはドバイデューティーフリー(首G1・芝1800m)をレコード勝ちし、芝中距離で世界ナンバーワンの評価を獲得した名馬。日本でも天皇賞・秋(GI)と安田記念(GI)を勝つなど、4歳秋に本格化したあとはマイルから2000mまで無敵を誇った。アメリカの非主流血統で構成されているので、相手方の繁殖牝馬には影響力の強い主流血統を持っていることが好ましい。「Kingmambo×Sadler's Wells」のVirginia Watersはうってつけ。半兄バトルスピリッツ(父Sea the Stars)は500万クラスの上位勢力なので、日本向きの配合である本馬はそれよりも上を目指せるはず。

●ファンタジスト(牡 栗東・梅田智之 父ロードカナロア、母ディープインアスク)
 母ディープインアスクは10戦未勝利だが、母方にデインヒルを持つディープインパクト産駒、という魅力的な配合構成。このパターンからはミッキーアイル、サトノアレス、ダノンプレミアム、プリモシーンなど多くの活躍馬たちが誕生している。父ロードカナロアは現3歳の初年度産駒が早くも40頭勝ち上がり、今年の種牡馬ランキングでは18位まで上昇している。1世代しかいないなかでこの成績は立派だ。本馬と同じ「ロードカナロア×ディープインパクト」の組み合わせからは春菜賞(500万下・芝1400m)を勝ったアルモニカが出ている。ロードカナロアもディープインパクトも軽いタイプなので、母方の奥に入るデインヒル、Roberto、Prince Johnは重厚さを加える上で効果的だろう。芝向きのマイラー。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング