スマートフォン版へ

引退を表明した林満明騎手へ、同年代ならではの思い

  • 2018年03月06日(火) 18時01分
小牧太

同年代の林満明騎手とは微笑ましいエピソードも


先週の土曜日には、早くも2勝目をマークした小牧騎手。着々とリズムを取り戻しつつありますね! さて、今週はユーザーからの質問特集です。2000回騎乗達成と同時に引退することを発表した林満明騎手についての質問では、同年代ならではの思いを吐露。また、調整ルームでの微笑ましいエピソードも明かしてくれました。
(取材・文/不破由妃子)



引き際は自分自身が一番わかること


──小牧さんと同年代の林満明騎手が、2000回騎乗を区切りに引退することを発表されましたね。この発表を受けて、いくつか質問がきています。「騎乗数を区切りにするのは珍しいと思いますが、同じベテラン騎手として小牧さんはどのように感じますか?」

小牧 いや〜、障害は危ないからね。平地よりケガをする確率が圧倒的に高いから、いつ辞めるかを決めるのも、人それぞれの感覚というか…。僕ら平地のジョッキーでも、自分で危ないなぁと思い出したら、それが辞め時やと思うし。

──そうかもしれませんね。それでも、あえて“2000回”という数字を設定したのは、やはり林騎手ご自身のなかで踏ん切りが必要だったのかなと。

小牧 うん、それもあるやろうね。熊ちゃんもね、またケガをしてるでしょう。なかなか思うように結果が出なくても、こうして乗れているだけで幸せなんやなぁと思ったりもするよ。だって、この年で骨なんか折れたらもう…。

──心も折れてしまいそうですよね。

小牧 うん。そうなったら本当に辞めるかもしれんね。だからケガだけはせんようにと思ってる。

──もうひとつ、林騎手についての質問なのですが、「林騎手と小牧騎手は同年代ですが(林騎手が1966年生まれ、小牧騎手が1967年生まれ)、同年代ならではの交流はありますか?」

小牧 交流といっても、世間話をしながら、食堂で一緒にご飯を食べたりするくらいやなぁ。障害ジョッキーは、平地ほど減量を気にせんでもいいから、林さんもようけ食うてるわ(笑)。

小牧太

平地ほど減量を気にせんでもいいから、ようけ食うてるわ(笑)


──そんな林さんを、小牧さんが隣で羨ましそうに見てるという…。

小牧 そうそう(笑)。これもベテランならではなのかもしれんけど、僕や林さんは、はよから調整ルームに入ってるからね。で、はよから飲んでる。僕も人のこと言えんけど、あの人もすぐに酔っ払うねん(笑)。

──そうなんですね(笑)。同年代がまた一人、現役を退くことを決められたということは、小牧さんとしても寂しさがあるでしょうね。

小牧 そうやねぇ。でもまぁ、引き際は自分自身が一番わかることやから。なんせね、50歳といえば、映画が1100円で観られる年齢やからね。

小牧太

でもまぁ、引き際は自分自身が一番わかることやから


──それはまた、シニア料金みたいな…。

小牧 みたいじゃなくて、シニア料金や(笑)。夫婦どちらかが50代なら割引してもらえる「夫婦50割引」というチケットがあんねん。ひとりでも使える映画館があるから、最近はそれを使って映画を観てますわ。

──続いては、「『太論』とスポニチのコラムを毎週楽しみにしています。スポニチのコラムに、ジョッキーは防寒対策ができないと書いてありましたが、やはり体重に影響があるからなのでしょうか?」という質問です。

小牧 うん、そうやね。あとはやっぱり、着込むとゴワゴワして乗りにくいから。見た目も不細工になるしね。でも、カイロを貼ったりはするよ。

──カイロひとつにしても、重さを気にしながら…ということですよね。

小牧 もちろん。あれもなんだかんだ重たいからね。最近はね、ひとついいアイテムが見つかって。ダウンのベストなんやけど、それがむっちゃ温かい。プロテクターの下に着れば、プロテクターで抑えられるからゴワゴワしないし。

──あとはジョッキーパンツの下にタイツのようなものを履いたり?

小牧 タイツもあるけど、僕は冬だけスパッツみたいなのを履いてる。その上にカッパを履いて。

──カッパですか?

小牧 そう。ブーツの足首まですっぽり覆ってくれるやつね。

──そういえば、「小牧騎手は、ジョッキーパンツをブーツに入れているときと入れていないときがありますが、何を理由に使い分けているのでしょうか?」という質問がきていましたが、そもそも外に出しているときはジョッキーパンツではなく、カッパなんですね。

小牧 そうそう。カッパの下にジョッキーパンツを履いている人もいるけど、僕は体重が重たいから、スパッツの上はカッパのみ。冬は防寒対策にもなるから、ダートでドロドロになりそうなときだけじゃなく、芝のレースで履くこともあるよ。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング