スマートフォン版へ

門別に春を告げる能力検査

  • 2018年03月27日(火) 18時00分


◆例年のことだが血統的な注目馬も多い

 全国から桜の便りが届く季節となり、東京の桜は例年よりやや早くすでに満開に近い。競馬では、冬期に休催となっていた地区で競馬が再開されると、いよいよ春だ。

 3月21日には岩手で水沢競馬の開催が始まった。その初日のメイン、3歳A級の春の錦賞には2歳シーズンの重賞線戦で活躍した馬たちが出走。昨年北海道二冠を制したベンテンコゾウの全弟で、若駒賞を制しているニッポンダエモンが2番手から直線で抜け出して勝利。22日の第6レースでは、10頭立て6頭が落馬という事故があった。そして25日のスプリント特別には、1月28日の根岸S(JRA東京)で9着だったラブバレットが58kgを背負って出走。3コーナーから後続との差を徐々に広げると、直線では流すような感じで大差の圧勝。昨年は地元のクラスターCでクビ差の2着、年末の兵庫ゴールドトロフィーでも2着と、惜しいところで手の届かなかったダートグレード制覇に今年こそはの期待がかかる。

 この冬の北陸地方は日常生活にも支障が出るほど記録的な大雪だったが、その影響は金沢競馬にも及んだ。当初予定されていた

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング