スマートフォン版へ

3歳クラシックがいよいよ開幕!桜花賞を馬体面から徹底解説!

  • 2018年04月04日(水) 18時00分


前走より馬体が引き締まってきたラッキーライラック


トモ



 今週は桜花賞に出走を予定している有力馬について馬体面から考察します。

【アーモンドアイ】

 前走時は貧相に見えましたが、返し馬に行ってのフットワークが素晴らしく、見た目以上に動くタイプです。今回はトモの筋肉がパワーアップして、見栄えもするようになってきました。休み明けですが、仕上がりも良く、ここも勝ち負けに持ち込めるでしょう。

【アンコールプリュ】

 体高があり、距離延長はプラス材料と言って良いでしょう。筋肉の質が良く、瞬発力を感じさせます。直線の長い

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

中央競馬で全レースのパドック・返し馬を徹底観察。繋(つなぎ)や蹄、体型、骨量、筋肉の量・質、関節の柔軟性や、脚元、馬具などのデータを採取。そこから競走馬の能力、適性などに加え脚質も見抜き、馬券を組み立てる。パドック派にありがちな本命予想ではなく、複勝で10倍を超えるような穴馬を見つけるのが得意。

No.1予想にてパドック予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング