スマートフォン版へ

JBCの2歳戦

  • 2018年04月10日(火) 18時00分


◆2歳ダート路線に2つのヤマ場を作れるか

 4月5日、『2018年度地方競馬全国協会の主要事業について』という記者説明会が行われた。昨年度実績や今年度の取組みなど、ひととおり説明されたあと、最後に2018年度の目標として、地方競馬の総売上6000億円という数字が示された。

 地方競馬が売上げのピークを記録したのは1991年度のことで9862億円余り。時はバブル景気の終末期で、1兆円に手が届こうかというところだった。しかしその後、バブル崩壊とともに下降の一途を辿り、2011年度にはピーク時の約三分の一、3314億円余りにまで落ち込んだ。

 地方競馬はかつて『地方競馬30場』というキャッチフレーズで親しまれたように、全国30の競馬場で開催(主催者は22)されていた。しかし現在では、地方競馬が開催できる競馬場として登録されているのは17場。札幌、中京、姫路はしばらく開催されていないため、実際に稼働しているのは14場(主催者は13)と半減している。

 それほど競馬場が減った状況で、2017年度の地方競馬の総売上は6年連続の増加となり、前年度比で113.5%、5525億円余りにまで回復した。冒頭で示した目標6000億円というのもたしかに夢ではない。そういう数字が現実的に示せるようになったかと思うと、ちょっと感慨深い。

 一方

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング