スマートフォン版へ

【マックスビューティ】「東でも見せた美しい走り」87年4歳牝馬特別(東)

  • 2018年04月16日(月) 12時00分
■伊藤雄二調教師をして「こんな均整の取れた綺麗な馬はいない」


 伊藤雄二調教師が若駒時代に見たとき「こんな均整の取れた綺麗な馬はいない」との印象を持ったことから“究極の美人”と名付けられたマックスビューティ。

 桜花賞では2着に8馬身差をつける圧勝を遂げたマックスビューティですが、オークスに向けてどのようなローテーションで行こうかとなった時、左回りと距離を確かめるために4歳牝馬特別に出走することを決めました。テン乗りとなる鞍上の柴田政人騎手には「ゆとりを持って勝ってくれ」という注文をつけたそうです。

 この強い桜花賞馬を一目見ようとこの日の東京競馬場には8万を超えるファンが駆け付けました。単勝は1.4倍と圧倒的な人気を背負って見事に勝利しオークスへ大きく一歩踏み出したレースをここで思い出してみましょう。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られる。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング