スマートフォン版へ

佐賀競馬場で九州の食文化を堪能

  • 2018年04月17日(火) 18時00分


◆九州柔柔うどんのごぼう天うどん、あっぱれにオススメです

 全国の競馬場を巡っていると、土地土地によってさまざまに食文化の違いを発見することがあり、立ち食い系のそば・うどんもそのひとつ。

 東京あたりの立ち食い系そばやさんでは、メニューの先頭にあるのはだいたい天ぷらそば(うどん)で、おそらく注文数でも天ぷらそばが圧倒的1番人気ではないだろうか。ちゃんとした高級そば店であれば、天ぷらそばといえば豪華絢爛なエビ天であったりするが、以下、ここでは話を立ち食い系のそば屋さんに限ることにする。で、庶民の味方立ち食いそば系の天ぷらそばといえば、玉ねぎメインのかき揚げであることがほとんど。

 と思っていたのだが、しかし。全国を巡るうちに、天ぷらそばのデフォルトがかき揚げ天ではない場所があるところに気づいた。九州の北部、福岡、佐賀あたりの立ち食いそばでは、メニューの先頭が「ごぼう天(またはゴボ天)そば・うどん」となっているところがめずらしくないのだ。他に高知市内でもメニューの先頭がごぼう天の立ち食いそばを見たことがある。

 東京あたりの立ち食いそばでは、メニューにごぼう天があるところはそれほど多くはない。それで気づいたのだが、じつは北海道でも、けっこうな確率でメニューにごぼう天が掲載されていることに気づいた。どうやらごぼう天文化は、日本列島の南北の両端に存在しているらしい。

 話は逸れるが、大人になっておいしいと感じるようになった食べ物というのが、誰にもあるのではないだろうか。代表筆頭格は(食べ物ではないが)まずビールだろう。そしてぼくが大人になってそのおいしさに気づいたのが、ピーマンとゴボウ。

 子供の頃も特に嫌いだったわけではなく、おかずに入っていれば普通に食べてはいたが、自分からすすんで食べたということもない。大人になっても感じる味は一緒だったが、「なるほどピーマンはこの青臭さがおいしいんだ、ゴボウは土臭さがおいしいんだ」と感じたのは、日常的にアルコールを摂取するようになってから。そして最近では立ち食いそばやさんでメニューにごぼう天を発見すると、かなり高い割合で注文するようになった、というわけ。

 そしてようやく競馬場グルメの話になるのだが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング