スマートフォン版へ

地方生え抜き馬の奨励

  • 2018年04月24日(火) 18時00分


◆褒賞金も含めた手厚い賞金体系にするのが得策

 今年、南関東の3歳戦線で話題の中心は、牝馬一冠目の桜花賞(浦和)を制したプロミストリープだ。水の浮く不良馬場で、直線の短い浦和コースというさまざまに厳しい条件ながら、スタートで出負けして4コーナー7番手という位置取りからでも余裕をもって差し切った。その圧倒的なレースぶりも去ることながら、中央2戦2勝から大井への転入初戦を勝って負けなしの3連勝というのは異例の戦歴だ。

 次走は牝馬二冠目の東京プリンセス賞(大井)が予定されているが、むしろトリッキーな浦和1600mのほうが勝ちにくかったのではないかと思われる。ここまで南関東の有力3歳牝馬を管理する調教師の何人かに取材したが、「あの馬がいるから……」と、東京プリンセス賞回避を検討する陣営も少なくない。“あの馬”とは、もちろんプロミストリープのことだ。

 その東京プリンセス賞を避けるかもしれない牝馬たちは、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング