スマートフォン版へ

GIを狙える大物か、シーザリオの息子サートゥルナーリア

  • 2018年05月09日(水) 12時00分
≪2歳≫

●サートゥルナーリア(牡 栗東・角居勝彦 父ロードカナロア、母シーザリオ)
 エピファネイア(14年ジャパンC-GI、13年菊花賞-GI/父シンボリクリスエス)の半弟、リオンディーズ(15年朝日杯フューチュリティS-GI/父キングカメハメハ)の4分の3弟。母シーザリオはオークス(GI)やアメリカンオークス(米G1)などを制した名牝。父ロードカナロアは初年度産駒から桜花賞馬アーモンドアイ、スプリングS(GII)の勝ち馬ステルヴィオを出して大成功している。前者はNureyevを、後者はFairy Kingを持っている。これらはSpecial牝系の流れを汲むNorthern Dancer系種牡馬で、4分の3同血の関係にある。本馬はFairy Kingの全兄Sadler's Wellsを持つ。前記2頭と同じくサンデーサイレンスを併せ持つので配合構成の骨格は似ている。Sadler's Wellsは、NureyevやFairy Kingに比べると血の質が重いため、現時点でこの血を持つロードカナロア産駒は平均以下の成績しか挙げていない。しかし、バレークイーンやプリンセスオリビアといった名牝と同じく、シーザリオが抱えるSadler's Wellsには鈍重さがなく、大レース向きの底力を与えるので、むしろ期待のほうが大きい。血のポテンシャルを考えればGIを狙える。

●ジェミーウェイ(牝 美浦・伊藤圭三 父ジャスタウェイ、母プレシャスジェムズ)
 母プレシャスジェムズは現役時代、500kgを超える大柄な馬体から繰り出すパワーを武器にダートのオープンクラスで活躍し、南関東に遠征してクイーン賞(Jpn3)2着、マリーンC(Jpn3)3着、TCK女王盃(Jpn3)3着などの成績を残した。父ジャスタウェイはドバイデューティーフリー(首G1・芝1800m)を6・1/4馬身差で圧勝し、ワールドサラブレッドランキング(2014年・130ポンド)で世界ナンバーワンとなった名馬。「母の父シンボリクリスエス」は、ダービー馬レイデオロ、青葉賞馬アドミラブル、重賞3連勝のミスパンテールなど、このところ優れた馬を出して注目を集めている。2代母の父に入るStorm Bird-Storm Catのラインがハーツクライと相性がいいのも評価できる。牝馬なので芝向きの中距離タイプに出ると思われるが、パワーを帯びているようならダートでもやれそう。

●シトラスノート(牝 栗東・石坂正 父ロードカナロア、母エピセアローム)
 母エピセアロームはセントウルS(GII)、小倉2歳S(GIII)を勝ったスピード馬。これが初子となる。父ロードカナロアは初年度産駒から桜花賞馬アーモンドアイ、スプリングS(GII)の勝ち馬ステルヴィオを出して大成功。少ないサンプルながら、「ロードカナロア×ダイワメジャー」は1頭デビューして勝ち上がり、母方にCozzeneを持つロードカナロア産駒も2頭デビューしてともに勝ち上がっている。後者の1頭トロワゼトワルはアルテミスS(GIII)4着、フェアリーS(GIII)5着という成績がある。ハイレベルなスピードを発揮しそうなタイプで、なおかつ確実性の高い配合なので期待できる。芝向きのスプリンター〜マイラー。

●ジャミールフエルテ(牡 栗東・大久保龍志 父オルフェーヴル、母プリティカリーナ)
 アンタラジー(1600万下/父ディープインパクト)、アグレアーブル(16年フローラS-GII・6着/父マンハッタンカフェ)、エクレアスパークル(17年若葉S-OP・2着/父ハーツクライ)の4分の3弟。父はオルフェーヴルに替わった。母プリティカリーナは何を交配しても優れた産駒を出してくるので繁殖牝馬としてのポテンシャルが高い。母の半妹Love and PrideはパーソナルエンスンH
(米G1)、ゼニヤッタS(米G1)を制した一流馬で、2代母Ile de Franceは名種牡馬Bernardiniの半姉。活力旺盛なファミリーだ。母方にStorm Cat、Mr.Prospector、Buckpasserを併せ持つオルフェーヴル産駒なのでロックディスタウン(17年札幌2歳S-GIII)と配合構成がきわめてよく似ている。オルフェーヴルはスピードを補強したいタイプの種牡馬なので、基本的にスピード色の強いアメリカ血統を抱えた繁殖牝馬と相性がいい。芝向きの中距離タイプ。

●ラサーサ(牡 栗東・小崎憲 父ゴールドアリュール、母ダートムーア)
 母ダートムーアはエンプレス盃(Jpn2)3着、レパードS(GIII)5着などの成績がある。その全兄フラムドパシオンはヒヤシンスS(OP)を圧勝してUAEダービー(首G2・ダ1800m)に臨み、後の米年度代表馬Invasorに先着して3着に食い込んだ。ダイナカールにさかのぼる牝系の質は優秀で、母は繁殖牝馬として大いに期待できる。ゴールドアリュールを父に持つ本馬は母の初子。ダート向きの中距離タイプとして確実に走ってきそうだ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング