スマートフォン版へ

飼い葉桶は地面に!? こんなにも違う日本と愛の馬房事情

  • 2018年05月10日(木) 18時01分
キャリアアップ

▲騎手兼オーナーのShane B Kelly騎手、日本とアイルランドの違いを解説!



【質問&応援メッセージを募集】

野中悠太郎騎手への質問&応援メッセージを募集いたします。以下のフォームからお送りください。たくさんのメッセージをお待ちしております!
■受付フォーム■(※外部サイトへリンクします)


騎手兼オーナーがいたり、騎手と調教師を兼業したり


 netkeibaをご覧の皆さん、こんにちは。野中悠太郎です。

 今週は、僕が感じた日本とアイルランドの厩舎の違いについてご紹介したいと思います。

 僕が今お世話になっているjohnny murtagh厩舎は、もともとFox Covert Studという古い牧場があった場所を購入し、厩舎と自宅を建設したそうです。大きく分けて古馬と2歳馬の2つの厩舎があるのですが、いろいろな点での日本との違いに驚いています。

 たとえば、馬に飼い葉を与えるための飼い葉桶。日本では基本的に底の深い飼い葉桶を吊るして使用していますが、murtagh厩舎の飼い葉桶は写真のように底が浅く、しかも2歳馬にはそれを地面に置いて飼い葉を与えています。

キャリアアップ

▲2歳馬には地面に置いて飼い葉を与えている


 その理由としては、頭を下げて首を伸ばすという、馬にとって自然な形で食べられるから。水も同じようにバケツを地面に置いて与えたり、馬によって臨機応変に対応しています。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1996年12月29日、福岡県出身。実家が小倉競馬場の近くだったことから騎手を目指す。同期は加藤祥太、鮫島克駿、三津谷隼人。2015年に美浦・根本康広厩舎からデビュー。兄弟子の丸山元気、妹弟子の藤田菜七子に囲まれながら腕を磨く。馬券穴派からの支持が厚い。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング