スマートフォン版へ

【オークス】ダービーにブラストワンピースが参戦!3歳世代の活躍/シルクR・米本昌史代表(後編)

  • 2018年05月18日(金) 18時02分
GIドキュメント

▲毎日杯からダービーへ挑むブラストワンピース (C)netkeiba.com


今年のクラシックは牡馬牝馬ともに一口クラブの馬が優勝。ことシルクは、ダービーにブラストワンピースを送り込むなど、活躍が目立っています。振り返れば、年明け開催で3日連続重賞制覇という絶好のスタートを切り、現在の勝ち星もサンデーレーシングに次ぐ2位。絶好調の原動力を、米本代表はどう分析しているのか。(取材・文=不破由妃子)


今年の3歳世代はとくにすごいです


──オークスのアーモンドアイだけではなく、ダービーのブラストワンピースも大きな注目を集めていますね。なにしろ、皐月賞上位組とまだ勝負付けが済んでいませんから。

米本 そうですね。ブラストワンピースは、とにかく毎レース毎レース、ビックリするような競馬をしてくれる馬で。毎日杯も、内ラチを擦る場面がありながらも、アッという間に抜け出してきましたからね。

──気持ちが途切れてしまう馬もいますよね。

米本 ですよね。ただ、ジョッキーの感覚としても、「ちょっと擦ったかな」という感じだったらしく、傍から見ているほど心配な状況ではなかったみたいです。実際、馬は全然大丈夫でしたからね。直線は、ギベオンがきたときに一瞬「脚色はどうなのかな」と思うシーンがあったのですが、そこからまたもうひと伸びしてくれました。ホント、あの馬は勝負根性がすごい。

──しかも、鞍上は三冠ジョッキーの池添騎手。頼もしいですね。

米本 はい。勝った経験があるのは大きな武器ですからね。きっと勝負にいってくれると思っています。

──それにしても、桜花賞がアーモンドアイとプリモシーン(10着)、NHKマイルCがプリモシーン(5着)とルーカス(16着)と2頭出しで、オークス、ダービーにも有力馬を送り込むわけですから、この春は楽しみが尽きないですね。

米本 今年の3歳世代はとくにすごいですね。しかも、今だけではなく、この先も楽しみな馬ばかりですから。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング