スマートフォン版へ

鳥肌が立ったオークス、そして日本ダービー

  • 2018年05月25日(金) 12時00分


◆弾むようなフットワークには天性の才能を感じさせる

 先週のオークスは、いろんな意味で鳥肌がたちました。

 2冠目を勝利したアーモンドアイ、桜花賞の時とは違い、パドック周回後あたりからテンションが高くなり、返し馬ではハミを噛んでいたところも…。

 (これ大丈夫かな?)と思われた方も多かったことでしょう。しかもスタンド前の発走で好スタートをきった状況。

 通常ですと直ぐにリズムやバランスを崩してでも抑えに入ってしまいそうなところを、馬に負担をかけないように我慢させたルメール騎手。もうド巧かったですね。

 あれができてしまうから凄い。

 これはルメール騎手でなければ、どうなっていたか?と思えるほど。仮にスタート後に頭や背中を痛めてでも無理やり下げて押さえこみ勝てたとしても、きっとその後の体の回復度合いに差がでたと思いますし、精神的な面においても競馬に対する考え方が違っていたようにも。ルメール騎手、本当に素晴しいジョッキーですね。

 またレース後のアーモンドアイの表情にビックリ。桜花賞時も感じましたが、ほんとにスッキリとした顔つきとなり、関係者が次々と顔を撫でることができる状況。

 しかもそれを涼しい顔で受け止め、佇んでいる姿には改めてONとOFFの切り替えのはやさや、半端ない心臓の強さが伝わるものでした。とにかく無事に順調に秋を迎えてほしいものです。

 さて今週は日本ダービーとなります。

 皆さんの注目は、皐月賞を回避して挑むダノンプレミアムをどう見るか?でしょう。

 先週の時点では馬体のユルサを感じましたが、今週はその点も解消されており、最終追いきりでのキャンターにおろす際に見せる、弾むようなフットワークには天性の才能を感じさせるもので惚れ惚れとしてしまいました。

 また出走馬の中でもトップのポテンシャルと絶好枠の最内枠、それゆえに本命にしようかな?とも思えるところも…。その一方で、この馬は常歩で見せる姿とキャンターにいっての姿がまるで別馬で、やはり追いきり後の曳き運動での歩きや雰囲気には正直「?」がつきますし、当日のテンション次第では折り合い面=距離の課題も。

 こればかりは当日になってみないと分からず、やはり現時点ではなんとも言えないのが正直な考えです。そういった意味でも、今年のダービーは迷いますね。もう少し考えて結論をだします。

 それでは皆さん、週末は競馬場もしくはフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング