スマートフォン版へ

前走好走馬が素直に強いユニコーンS

  • 2018年06月12日(火) 12時00分


◆荒れようがないのだが、中穴として期待できるのは…

 先週のエプソムCも堅い重賞だが、今週のユニコーンSも堅い重賞だ。過去10年、全馬均等買いした場合の回収率は単32%・複58%しかない。

 そのようになる理由は大きく分けて3つ。まず、前走500万勝ちの馬があまり好走しないこと。先に2勝してオープンや交流重賞を使っていた馬が強く、500万組は[1-1-1-45]。しかもここ4年は馬券に絡んでいない。4着馬は出ているので3連単の3着候補にはできるが、◎や○は打てない。

 2つめは、これが最も大きいのだが、オープン特別組の前走着順がここへ繋がりやすいこと。過去10年、オープン特別で5着以下だった馬はユニコーンSで[0-0-0-35]。4着だった馬が[1-1-1-4]なのでオマケして「掲示板組はアリ」くらいにしてもいいが、掲示板を外してきた馬は買いづらい。

 3つめは、兵庫CS組も前走着順がモノを言ってしまうこと。連対してきた馬が[3-1-1-2]に対してそれ以外は[0-0-0-3]。2つめ3つめを合わせると、路面やコース形態とは関係なく、強いものは強いという結果になりやすいのだ。

 ちなみに、前走オープン特別1着馬は[4-4-3-3]。これでは荒れようがない。オープン特別組で隙があるとしたらキャリアの浅い馬で、掲示板に載ってきた馬でもキャリア5戦以下だと[0-2-1-5]で複回収率51%で人気になるわりには走れていない。

 今年は兵庫CS組が不在で前走オープン特別連対馬は登録中に6頭、うち勝ってきた馬は3頭。これだけいるとこの中から2頭くらいは馬券に絡んでまた堅くなりそうだが、人気上位になると思われるルヴァンスレーヴがキャリア4戦でグリムとハーベストムーンが5戦。上位人気馬どうしで決まって順番がちょっと違う3連単中穴、くらいは期待できるかもしれない。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング