スマートフォン版へ

東京ダービー当日、的場騎手がこだわったこと

  • 2018年06月12日(火) 18時00分


◆あとでレース映像を見て、すげー! と思わされたのが…

 6日に行われた東京ダービーは、NARグランプリ2歳最優秀牡馬のハセノパイロが3歳になっての初勝利でダービー制覇。見事な復活劇だった。

 一方で、ニュースヴァリューとしては的場文男騎手が東京ダービー10度目の2着ということも大きく伝えられた。

 ちょっと恥を晒しておくと、的場騎手が初騎乗となったクリスタルシルバーは能力不足と見て、無印だったワタシは“喝!”でしょう。

 検量室前に戻ってきた的場騎手は開口一番、「距離がもたないかと思っていたので、たまげた!」と。的場騎手自身ですら、勝ち負けは難しいと思っていたらしく、あわやというきわどい2着には驚いていた様子だった。

 伝えられているように、的場騎手はこれが37度目の東京ダービーの騎乗。いまだ勝利には至らず、2着は10回目。東京ダービーのタイトルを「人生の宿題」と言っているのも、9度目の2着だった2015年の東京ダービーのあとから知られるようになった。

 今回の勝ち馬との着差はクビ。1998年、ゴールドヘッドに騎乗してアトミックサンダーの2着だったときと同じ、東京ダービー2着10回のうち、最少タイの着差。まったく残念としか言いようがない。

 あとでレース映像を見て、すげー! と思わされたのが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング