スマートフォン版へ

ハクサンフエロは父シルポートのような逃げ馬になれる?!

  • 2018年06月12日(火) 18時00分

父を彷彿させる、あの馬の質問に答えていただきました


6月2日、コンビ3戦目にしてメイショウツバキを初勝利に導いた小牧騎手。「いいレースができた」と小牧騎手も納得の騎乗で、これにて3戦3連対。今後は52キロになるため「乗れんかもしれんなぁ」とのことですが、絶対に覚えておきたいコンビです。また、ハクサンフエロについて「お父さんのシルポートのような逃げ馬になれそうですか?」という質問が。はたして現時点での小牧騎手の手応えは!?
(取材・文:不破由妃子)



ハクサンフエロはシルポート式の逃げで!


──ここにきてサイモンラムセスとメイショウツバキで3勝! 5月の取材時に「そろそろ勝ち出しそうやな」とおっしゃっていましたが、その通りになりましたね。

小牧 うん、自分の実感として6月くらいからかなぁと思ってたからね。

──さすがにホッとされたのでは?

小牧 そうやね。やっぱり勝つと気持ちが違う。でも、それまでにも惜しい競馬はたくさんあったから、そのうち勝つやろと思いながら乗っていたけどね。

──6月2日のメイショウツバキ(阪神4R・3歳未勝利)は、3回目のコンビにして念願の初勝利。2着(9番人気)→2着(9番人気)→1着(2番人気)で連対率100%ですから、相性の良さは疑いようもありません。

小牧 ゴール前では負けたかと思ったから、あの勝利はうれしかったね。2枠3番ていう枠もよかった。内々をピッタリ回るいいレースができました。着差(ハナ差)が着差やったから、外だったら届いてなかったかもしれん。

──押して押して好位を取りに行きながら、直線では何度も横を確認されていたから、それだけ手応えに余裕があるんだろうなと思って観ていました。これは勝つなと。

小牧 うん、手応えはよかったです。だから、横を確認しながら余裕を持って抜け出せた。

──「芝ならどんな競馬でもできる」とコメントされていましたね。芝→ダート→芝と路線を変えてきた馬で、小牧さんはどちらも騎乗されていますが、やはり芝のほうがいいなという感触ですか? 

小牧 そうやね。ダートも2着にきたくらいやから悪くはないけど、前走の芝の走りがよかったから。厩舎の人たちもみんなわかってると思うよ。でも次からは乗れんかもしれんなぁ。52キロになるからね。

──あ、混合戦になると3歳牝馬は52キロですもんね。とりあえず、「小牧さん騎乗で連対率100%」のデータは覚えておかなければ。同じく3歳馬では、5月20日のハクサンフエロ(京都6R・3歳500万下)は惜しかったですねぇ。この馬については質問がきていまして、「シルポート産駒ということで、小牧さんとハクサンフエロのコンビを楽しみにしています。まだ粗削りな面が多分にありそうですが、お父さんのような逃げ馬に成長できる可能性はありますか?」。

小牧 少しずつよくなってるみたいやね。この前も2着にきてくれたけど、そのあとまたよくなってるって助手さんから聞きました。次が楽しみやね。体つきなんかはシルポートをひと回り小さくした感じで、よく似てるよ。まぁ、お父さんほど、まだどっしりとはしていないけどね。今日も調教のときに見てたんやけど、チャカチャカしとったわ。だから性格は違うかもしれん。まぁまだ3歳やから、変わってくる可能性は十分にあるけどね。

──逃げ馬というと、気性が勝った馬というイメージがありますが、シルポートはどっしり系だったんですね。

小牧 うん。いつでもどっしり構えているような馬やったよ。

──走りの印象はどうですか? 「お父さんのような逃げ馬に…」と質問にありますが、似ていますか?

小牧 同じ逃げ馬やし、すごく速いけど、走り自体はあんまり似てないね。今のところ、僕が似ているなと感じるのは体つきだけかなぁ。

──この前のマイル戦は、前半1000mを57秒5でいって残っていますからね。ハイペースで逃げても残るあたりはシルポートを彷彿とさせるものがあります。

小牧 そこはもうシルポート式で乗っていこうと思っていて。ペースを緩めずにね。変にタメるより、そのほうが持ち味が生きそうやから。

──この前のようなペースでいっても、道中は息が入っているんですか?

小牧 ん〜、息が入っていないから止まるんやろうけど…。ただ、そのスピードをギリギリまで持続できる馬がいるからね。とくに跳びの大きい馬は、タメて逃げるより気持ちよく飛ばしていったほうが最後まで伸びる。ハクサンフエロはそういう跳びの馬やからね。

──なるほど。同じ逃げ馬でも、跳びによってパターンが変わってくると。

小牧 そうやね。それに、ハクサンフエロはマイル戦が合うね。スピードを生かせる。それにしても、勝ったと思ったけどなぁ。あの競馬で負けるか…とガックリきた。でも、あのレースは相手(ラセット)が強かったね。そういえば、勝った藤岡佑介が騎乗停止になってしまったレースやけど、僕も「お尻を上げるのが早い」ということで戒告をもらってしまった…。

──私もあのレースは「小牧さん、早い!」と思いましたよ(苦笑)。3着馬の勢いがよかったので、けっこう際どかったです。

小牧 そうかぁ…。そこは反省せなね。勝ったと思ったところでアッサリかわされたから、「あぁ…」となってしまったのかもしれん。注意されたのは初めてやないから、もっと気をつけなアカンね。

注意されたのは初めてやないから、もっと気をつけなアカンね

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング