スマートフォン版へ

石橋脩騎手が登場!ラッキーライラックと歩んだ春クラシックを振り返る

  • 2018年06月13日(水) 18時02分
with 佑

▲石橋脩騎手が、貴重なメディア出演!?


 いつも『競馬対談 with 佑』をご愛読いただき、誠にありがとうございます。

 次回は、石橋脩騎手をゲストにお迎えします。

 2歳女王ラッキーライラックと共に歩んだ、春のクラシック戦線。

「結果を出す」の一心で、全身全霊で挑んだ桜花賞とオークス。しかし、その一歩先にはいつもアーモンドアイの姿が…

 レースを終えて、今かみ締めている胸の内を明かします。

 その石橋騎手、マスコミの間では「取材嫌い、写真嫌い」で有名。

 人との関わり方に“自分ルール”を定めているそうで、ファンの皆さんの間でもクールな印象が強いのではないでしょうか。

 ではなぜ、今回は出演OKとなったのか…!?

 実は、心を開いた人の前では饒舌だという石橋騎手。1つ下の後輩である佑介騎手の巧みな話術で、ついつい本音が飛び出します。

 インタビューの本編は来週からスタート。初回は6月20日(水)18時を予定しています。お楽しみに!

 netkeiba.com編集部



【プレゼントのお知らせ】


with 佑

▲ケイアイノーテックのミニチュア勝負服(製作:蒲谷馬具店)


 NHKマイルCでGI初制覇を果たした藤岡佑介騎手から、「いつも応援してくださるnetkeibaユーザーの皆様に、感謝を込めて…」と、記念品のプレゼントです。

 ケイアイノーテックのミニチュア勝負服(製作:蒲谷馬具店)。透明のケースに入っていて、壁に掛けて飾ることができます。

 こちらはごく一部の関係者様に配るために作られたもので、非常に数が少なく貴重なものです。抽選で1名様にプレゼントさせていただきます。

 ご希望の方は下記のフォームからご応募ください。

※受付は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング