スマートフォン版へ

耐震化工事と競馬場グルメ

  • 2018年06月26日(火) 18時00分


◆何コレ?的な見た目の「カレーラーメン」

 地方競馬では、現在いくつかの競馬場でスタンドの大規模な耐震化工事がすすめられている。

 日本では、1995年の阪神・淡路大震災、そして2011年の東日本大震災を経て、大規模な公共施設や集合住宅などで耐震基準が見直され、さまざまな施設で何年か前から建て替えや耐震化工事が進んでいる。それは競馬場も例外ではない。平成の時代になって建て替えられたスタンドは問題ないようだが、地方競馬には、高度経済成長期の終盤(1970年代前半)、ハイセイコーなどによる競馬ブームで馬券の売上を大きく伸ばした時期に建てられたスタンドも残っていて、それらが工事の対象となっている。

 現在、耐震化工事真っ最中なのは、金沢、園田、佐賀など。園田競馬場などはスタンドの西側半分と東側半分の二期に分けて大胆に工事が進められている。また2012年8月を最後に開催が行われていない姫路競馬場も、今年から来年にかけての耐震化工事のあと、競馬が再開されるようだ。

 それにしてもこの大規模な耐震化工事が、馬券の売り上げが上がってきた今でよかった。地方競馬が次々に廃止された2001年から2005年頃に、この耐震化工事を義務として突きつけられていれば、「そんなにカネがかかるなら廃止してしまえ」と、さらにいくつかの競馬場が廃止されていた可能性も否定できない。

 と、ここまでは前置きで、今回の本題は、実は競馬場グルメ。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング