スマートフォン版へ

【宝塚記念回顧】「逃げ馬の宿命や」理想的な入りから2ハロン目で窮地に

  • 2018年06月26日(火) 18時01分
小牧太

サイモンラムセスと挑んだ宝塚記念など、採れたてホヤホヤの小牧節をお届け!


宣言通りの逃げで、4コーナーまで並み居る強豪馬を率いたサイモンラムセスですが、直線に入ったところで失速し、初めてのGI挑戦は最下位に終わりました。「馬にとってはいい経験になったと思う」とは小牧騎手。今週の『太論』では、前日のゲート内での落馬の状況も含め、採れたてホヤホヤの小牧節をお届けします!
(取材・文/不破由妃子)



自分のペースで行ければひょっとしたら…久々にワクワクしたわ


──サイモンラムセスで挑んだ宝塚記念は16着。ちょっと厳しい展開になりましたね。

小牧 そうやね。すんなりハナは切れたけど、2ハロン目に絡まれたからね。僕があんまりにも楽に行ったから、警戒されたんだと思うわ。

──でもそこで、「何が何でも譲らないぞ」という小牧さんの強い意志が伝わってきました。

小牧 そこはもうね、逃げで変わってGIまでたどり着いた馬やし、関係者もファンも逃げてほしいと思っていたやろうし。とにかく絶対にハナに行くぞという気持ちで乗ったから。

──最初の1ハロンが12秒2に対して、2ハロン目が10秒8。ここが肝でしたね。

小牧 そうやね。でも、たしかに1ハロン目をあんな楽なペースで行かれたら、ほかの馬はたまらんやろうなと自分でも思った。僕にしてみれば、「あ、こんなペースで行けたら最高やな」と思ったけど、思った途端にこられたからね。それはもう仕方がないこと。逃げ馬の宿命や。まぁ馬にとっては、初めてあんなに強い馬たちと戦って、いい経験になったんじゃないかな。やっぱり強いわ、GIのメンバーは。もちろん、甘くはないと思ってはいたけど。

──どのあたりから手応えがあやしくなったんですか?

小牧 3〜4コーナーでいっぱいいっぱいになって、4コーナー手前の時点で「あ、これは歩いてしまうな…」と思ったよ。でも、楽しく乗れたし、久々にワクワクしたわ。厳しいやろうなとは思いつつ、自分のペースで行ければひょっとしたら…っていう期待もあったからね。だから、ウキウキしながら乗ったんやけどね。

小牧太

楽しく乗れたし、久々にワクワクしたわ


──そういえば、前日の4Rでは、ゲート内で馬(バトルチャンプ)が転倒して除外になる事象がありましたね。小牧さんも無理な態勢から落馬したわけですが、お怪我は大丈夫でしたか? その後も普通に騎乗されていたので安心していたんですが。

小牧 いや、今日もまだ痛いんやけどね。

──どこを痛めたんですか?

小牧 右の太腿の裏側やね。太腿の裏側から落ちて、ゲートの後扉にドーンと当たったんですわ。直後はむちゃくちゃ痛くて、乗り替わろうかなと思ったくらい。でも、明日は楽しみにしているGIやし…と思ってね。今、騎手クラブが、競馬場にトレーナーさんを常駐させてくれていて、レースの合間にマッサージとかもしてくれるんやけど、その一環で痛みを集中的に取り除いてくれるすごい機械も置いてくれてるんですわ。

──トレーナーの常駐も含め、たしか最近導入されたシステムですよね?

小牧 そうそう。その機械のおかげで、だいぶ痛みが引いてね。一応、日曜日は痛み止めを飲んで乗ったんやけど、まったく問題なかったんですわ。でも、一晩寝て起きたら、体のあちこちが痛くてね(苦笑)。

──落ちる瞬間、全身に力が入ったんでしょうね。

小牧 そうやね。だから、昨日(月曜日)は榊原温泉にひとりで行って、2時間半くらい温泉に浸かってきたわ。

──2時間半! それは効きそう(笑)。それにしても、打撲で済んで本当によかったです。

小牧 ホンマやね。あ、小指も切ったんやで。縫う必要があるくらいパックリ割れて。でも縫わんかった。まぁ騎乗には何の支障もなかったけどね。やっぱり生き物の動きは予測不可能やね。何が起こるか本当にわからんわ。

──では、今日はトレーニングもお休みですね。

小牧 うん。今日はいつものトレーニングの代わりに、ゆっくりストレッチをしてもらおうかと思ってる。今日は14時からなんで、午前中はひとりで映画を観に行ってたわ。で、昼前からめっちゃ泣いてしまった(苦笑)。

──午前中からハードですね(笑)。今日は何の映画を観たんですか?

小牧 『ワンダー 君は太陽』っていう遺伝子の病気を持つ子供の話でね、すごくよかった。久しぶりにひとりでワンワン泣いて、今、めっちゃ目が腫れてる(笑)。さて、ストレッチまでまだまだ時間があるから、それまでゆっくり風呂にでも浸かってきますわ。

小牧太

久しぶりにひとりでワンワン泣いて、今、めっちゃ目が腫れてる(笑)

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング