スマートフォン版へ

【石橋脩×藤岡佑介】第3回『堀宣行調教師からの教え 馬を観察することの大切さ』

  • 2018年07月04日(水) 18時01分
with 佑

▲石橋騎手がたくさんの影響を受けているという、堀宣行調教師とのエピソード (C)netkeiba.com


石橋脩騎手をゲストに迎えて対談。今週のテーマは「仕事との向き合い方」です。佑介騎手いわく「周りからの影響や雑音をシャットアウトして“凪”の状態を保っている」という石橋騎手。競馬に向かうまでの流れ、馬に対する考え方。石橋騎手の知られざる流儀が明かされます。そして、その石橋騎手に大きな影響を与えているのが、堀宣行調教師の存在。石橋騎手が「本当にすごい人」と話すトップトレーナーの信念とは。 (取材・構成:不破由妃子)


堀厩舎を手伝っていなければ今の自分はない


佑介 ドゥラメンテでの経験を糧に、この春のGIは落ち着いて臨めたとのことですが、脩ちゃんは基本的に気持ちの面で波がないタイプですよね。周りからの影響や雑音をシャットアウトして“凪(なぎ)”の状態を保っているというか。アプローチの仕方は違うけど、そういう気持ちの保ち方は参考になります。

石橋 トレセンでも話しかけられないようにめちゃくちゃ速く歩いてるからね(笑)。あとは、基本的に同じこと、同じ生活を繰り返す。やるべきことを必ずこなすことで、“凪”を保っているっていう感じかな。

佑介 たしか、競馬に向けてのルーティン的なものもけっこうありましたよね?

石橋 あるね。毎週木曜日に必ずトレーニングをしたり、マッサージをしたり。そういうルーティンは、少々体調が悪くても絶対に崩したくない。やることをやらないと、なんかモヤモヤが残っちゃうんだよね。

佑介 毎週同じことを繰り返すなんて、僕には絶対に無理(笑)。そこだけは真似をしたくてもできません。

石橋 藤岡はそうだろうねぇ。

with 佑

▲同じ生活を繰り返すという石橋騎手「藤岡はそうだろうねぇ」


佑介 むしろ脩ちゃんみたいな人を見ると、ルーティンの予定がある日にわざと誘って、リズムを崩したくなる(笑)。でも、小倉で久々に一緒になったときですら、僕の飯の誘いを断って、サッサと帰りましたもんね(笑)。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング