スマートフォン版へ

函館新馬戦を侮るなかれ!少数精鋭の素質馬から目が離せない(津田照之)

  • 2018年07月10日(火) 18時00分


◆新種牡馬パドトロワ産駒はスピードタイプ

 函館では先週から中距離の新馬戦がスタート。出走頭数は少ないものの、素質馬は多く、目の離せないレースが続く。

 石坂厩舎のニューポート(牡、父ロードカナロア、母ハッピーパレード)は早めに函館入りしてしっかりと調教を積まれている。「秋以降に使うプランもあったけど、仕上がりが進んでいるので、函館で出走することになった。素直で乗りやすいタイプ。癖もないので、距離面の融通は利きそう。先々も含め、楽しみは大きい」と井上助手。

 母は現役時代4勝をマーク。息の長い活躍をした馬。そしておばのブリガドーンは京成杯、フローラSで3着に入り、オークスにも出走するなど、早い時期から結果を出した馬。本馬もその血を受け継いでいる印象。デビューは2回函館6日目の芝1800m戦を予定。鞍上は池添騎手。

 鮫島厩舎のジゴロ(牡、母コリンズグラス)は新種牡馬パドトロワの産駒。まだ中央でデビューした馬は少ないが、父によく似た多い点は大きな特徴。「ウッドチップの状態が悪いときはもうひとつ動けないけど、芝に入れるとハミを取り、軽快な脚さばきを見せる。馬体そのものは一見、大きくないように見えるものの、前から見ると幅があって、馬体重も470キロほどある。

 お父さんと同じような感じなので、やはり短距離が合っていそう」とは金山助手。半姉のラズールリッキー(父スタチューオブリバティ)は福島2歳Sを勝ち、現在は準オープンで活躍中。本馬もスピードタイプだろう。デビューは2回函館3日目、芝1200m戦が有力。鞍上は未定。

 3月に新規開業した武英厩舎からはエスケーエリス(牝、父ハービンジャー、母ハートスプリンクル)がスタンバイ(2回函館6日目、芝1800m、藤岡康騎手)。「大人しくていい子。血統的に見ても長い距離が合っていそう。11日にはジョッキーに乗ってもらい、びっしりと追う予定。これで前向きさが出てくれば」と武英師。牝馬ながら520キロほど体重があり、牡馬と見間違うほど。パワー型で洋芝は合うタイプだろう。

 高橋亮厩舎のロングファイナリー(牡、母コスモハート)は新種牡馬トーセンジョーダンの産駒。「追う毎にギアが入るようになってきている。初戦からとなると何とも言えないけど、先々は走ってきそうな雰囲気」とは調教で手綱を取った古川騎手。デビューは2回函館4日目の芝1800m戦が有力。鞍上は同騎手。

 橋田厩舎のスズカデュー(牡、父ロードカナロア、母ビジョナリー)は2回函館3日目、芝1200m戦でのデビューを予定(岩田騎手)。こちらは栗東でしっかりと乗り込まれ、水準級の時計をマーク。馬体重は410キロほどで小柄だが、スピード感は十分。初戦向きのタイプだろう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング