スマートフォン版へ

【石橋脩×藤岡佑介】第4回『あんな直線の世界を見たのは初めて...衝撃を受けた名馬たち』

  • 2018年07月11日(水) 18時02分
with 佑

▲今週のテーマは、それぞれにとって「過去に乗ったなかで一番の馬」


今週のテーマは、石橋騎手と佑介騎手それぞれにとっての『過去に乗ったなかで一番の馬』。「長いあいだ馬に乗ってきて、あんな直線の世界を見たのは初めて」と、一頭の馬を評した石橋騎手。対して佑介騎手は「過去に乗ったなかで一番は、どこまでいってもその一択」と、一頭の馬を迷わず指名。ふたりの心を掴んで離さない名馬とは? (取材・構成:不破由妃子)

直前のレースで頭が真っ白に…春天勝利の舞台裏


佑介 これまでお互いにいろいろありましたけど、最近の脩ちゃんは楽しそうに競馬に乗っていますよね。

石橋 楽しいね。楽しくない時期もあったから余計に。

佑介 僕もありました。でも、そういう時期があったからこそ、今、楽しく仕事ができていることに感謝できる。やっぱり怖いですからね、またそういう状況に戻ってしまうことが。脩ちゃんが楽しくなかったのっていつごろですか?

石橋 3年前くらいかな。あの頃は本当に楽しくなかった。成績もひどかったし、精神状態がもうね…。ただ、これといったきっかけがあったわけじゃないんだよ。落ちることが怖かったのか何なのか、調教でもレースでも馬がちょっと躓くだけで気になるようになってしまって。何かが起こるんじゃないか、変なところで動くんじゃないかって、いつもビクビクしていたような気がする。

佑介 そうだったんですね。僕もそのころは人の心配をしている場合じゃなかったから、脩ちゃんのそういう気持ちに気付きませんでした。

石橋 誰かに相談したりしなかったからね。でも、自分でも思うけど、あの頃は本当に元気がなかったんだよ。そのときにね、岩田さんがすごく優しくしてくれて。

佑介 なにか声を掛けてくれたんですか?

石橋 うん。いろいろと話してくれる中で励ましてもらって。すごくつらい時期だったから本当にありがたかったし、気に掛けてくれたことがうれしかった。

with 佑

▲「すごくつらい時期に、岩田さんがすごく優しくしてくれて…」


佑介 そういう精神状態からどうやって脱出したんですか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング