スマートフォン版へ

断酒して体作り! レース復帰への具体的なスケジュール

  • 2018年08月08日(水) 18時00分
太論

▲超人的な回復力を見せている小牧騎手、そろそろ復帰の具体的なスケジュールも…!?(c)netkeiba.com


先週から調教での騎乗を再開した小牧騎手。今回は、骨折箇所の痛みは? 復帰のメドは? などなど、気になることを電話で直撃しました。お酒も完全に絶ち、かなりストイックに体作りに取り組んでいる様子で、そろそろ具体的なスケジュールも…!? 超人的な回復力を見せている小牧騎手の最新情報をお届けします!
(取材・文/不破由妃子)


再来週にはメドを立てられるんちゃうかな


──8月1日から調教での騎乗を再開されましたが、その後も順調ですか?

小牧 毎日ではないけど、順調に乗ってるよ。最初の2日間くらいはちょっと違和感があったけど、今はもう全然大丈夫。(レースでも)乗れる状態やと思うけど、その前に骨がくっついてるかどうかの検査をしないとね。

──検査結果をもとにした担当医からのゴーサインが必要ですものね。

小牧 そうそう。その書類を出してもらわんことには復帰できない決まりやから。でも、もう本当に痛みはないんですわ。だから、少なくともお盆前には一度レントゲンを撮りたいと思ってます。まぁまだね、完全にくっついてるとは思ってないけど。

──たしかに、骨折されてからまだ1カ月半経っていませんからね。

小牧 うん。でも本当に痛くないから、乗れんことはないなっていう話で。

──痛みが取れると、今後は気持ち的に焦りのようなものが出てきませんか?

小牧 いや、ここにきてやっとようなってきたところやから。復帰は「自分の体が今まで以上に動けるようになってから」という気持ちは変わらんよ。

──では、トレーニングなどもだいぶストイックに取り組まれているんですか?

小牧 うん、やってるよ。(専属トレーナーの)淨閑さんのところにはずっと週に1回通ってたんやけど、今は週に2回行ってる。しんどいわ(苦笑)。そのほかには、前にも話したけどジムに行って泳いだりとか。あとね、昼の12時くらいにあえて走ってますわ。

──炎天下のなか、あえて!?

小牧 だって、復帰したら真昼間にレースに乗るんやで。暑いなんて言ってられへんからね。だから、あえてそういう時間に走って、体を慣らしておこうかと思って。

──本当にストイックに取り組まれていますね!

小牧 一応ね。トレーニングより何より、酒を飲まんことが一番ストイックですわ。本当に一滴も飲んでない。こんなに飲まないのは生まれて初めてやね(笑)。

──ひょっとして、このままお酒を止めてしまう…なんていうことも!?

小牧 うん。でも、そうしたら趣味がなくなってしまうなぁ。

──小牧さんじゃなくなる(笑)!

小牧 ホンマやね(苦笑)。復帰したら飲むかもしれんけど、少なくとも復帰するまでは我慢しますわ。

──やはり、今回は復帰にかける思いが今までとは違いますね。

小牧 もうね、年齢的にあんまり時間がないことはわかっているから。おかげさまで体調は絶好調や。体重も重たくないし、太らんように体にいいものばっかり食べてるからね。そのあたりはけっこう気を遣ってます。

──体を作るという意味では、貴重な時間なのかもしれませんね。

小牧 そうやね、いい時間です。なんせ気持ちの面でも一服できたしね。今はどこも痛くないから思い切りトレーニングもできるし、家族と旅行にもいける。そういえば、週末は(長男の)加矢太の試合(全日本ジュニア障害馬術大会2018)を観に山梨に行ってきたわ。その帰りに長野の温泉に泊まってね。めっちゃよかったです。

──そうでしたか。こういう機会でもないと、なかなか加矢太くんの試合を観に行くことはできませんものね。さて、復帰に向けての今後のスケジュールですが。

小牧 さっきも言ったけど、検査結果次第やね。たぶん再来週にはメドを立てられるんちゃうかな。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング