スマートフォン版へ

父ディープインパクト、母は米G1ウィナーの良血プライドランド

  • 2018年08月22日(水) 12時00分
●アドベントクランツ(牝 栗東・池添学 父ロードカナロア、母シャッセロール)
 母シャッセロールはスピードを武器に芝とダートで計3勝を挙げ、準OPまで出世した活躍馬。これが初仔となる。父ロードカナロアは2世代目となる現2歳世代も好調で、現在ジャスタウェイに次いで2歳リーディング2位につけている。

 Deputy Ministerの系統とは相性がよく、「ロードカナロア×クロフネ」の組み合わせは10頭中7頭が勝ち上がる確実性があり、レッドレグナントがアネモネS(OP)で2着。現2歳世代は1頭デビュー(ミヤジシルフィード)して新馬戦で勝ち上がっている。

 本馬は2代母の父のフォーティナイナーを持ち、Mr.Prospector 4×4のクロスを持つのでマイル以下でスピードを活かす競馬が合っている。仕上がりは早く2歳戦から走ってくるはず。

●カリボール(牡 栗東・須貝尚介 父ジャスタウェイ、母レイズアンドコール)
 モンドキャンノ(16年京王杯2歳S-GII/父キンシャサノキセキ)、ラクアミ(準OP/父ダイワメジャー)の半弟。母レイズアンドコールはサクラバクシンオー産駒らしいスピードを活かしてアイビスサマーダッシュ(GIII)で3着となった。

 父ジャスタウェイは今年デビューした初年度産駒が絶好調で、2戦2勝のアウィルアウェイ、函館2歳S(GIII)2着のラブミーファイン、新馬戦を圧勝したヴェロックスとトスアップ、未勝利戦を快勝したアドマイヤジャスタなど、粒ぞろいの産駒がそろっている。非主流血統で構成されているのでさまざまな配合の繁殖牝馬とフィットするのが強みだ。

 主流血統の強いクロスを持つ繁殖牝馬も悪くなく、レイズアンドコールは高いスピード能力に加えてNorhern Dancer 4×3なので好感が持てる。半兄モンドキャンノ級の活躍を期待したい。

●クルミネイト(牝 美浦・堀宣行 父ディープインパクト、母クルソラ)
 キャロットクラブで募集価格5600万円。クルミナル(父ディープインパクト/15年桜花賞-GI・2着、15年オークス-GI・3着)の全妹、ピオネロ(父ネオユニヴァース/16年シリウスS-GIII・2着、17年名古屋大賞典-Jpn3・2着、17年マーキュリーC-Jpn3・2着)の4分の3妹にあたる。

 母クルソラは南米アルゼンチン産馬で、現役時代にエンリケアセバル大賞(亜G1・芝2000m)、コパデプラタ大賞(亜G1・芝2000m)などを制し、2005-06年の亜最優秀3歳牝馬に選出された。母の父Candy StripesはInvasor(米年度代表馬)、Leroidesanimaux(米芝牡馬チャンピオン)などの父として知られる。母方にCandy Stripesを持つディープインパクト産駒はこれまで2頭がデビューしていずれも勝ち上がっている。

「ディープインパクト+南米牝系」という少し緩いくくりで見てもサトノダイヤモンド、マカヒキ、パララサルー、ダノンファンタジー(新馬戦でグランアレグリアの2着)といった好素質馬が出ている。姉の域に迫る大物になることを期待したい。

●プライドランド(牡 栗東・高野友和 父ディープインパクト、母ザズー)
 サンデーサラブレッドクラブで募集価格1億円。クイーンC(GIII)3着馬で現6戦3勝のアルーシャの全弟。母ザズーは現役時代、アメリカでレディーズシークレットS(G1・ダ8.5f)、ラスヴァージネスS(G1・ダ8f)など3つの重賞を勝った。

 母の父TapitはA.P.Indy系のトップサイアーで、3年連続で米リーディングサイアーとなった。「ディープ×Tapit」は現時点で6頭中4頭が勝ち上がっており、前出のアルーシャのほかに6月の東京新馬戦(芝1600m)を1分33秒6で圧勝したグランアレグリアが出ている。

 これからまだまだ大物が出てきそうな配合だ。母方にPulpitとHis Majestyを併せ持つディープ産駒でもあるので皐月賞馬アルアインと配合のアウトラインが似ている。芝向きの中距離タイプ。

●ラバーズケープ(牝 栗東・安田隆行 父ダイワメジャー、母ヒカルアモーレ)
 母ヒカルアモーレはフィリーズレビュー(GII)4着馬。これまでにデビューさせた産駒4頭中3頭がJRAで勝ち上がり、シュペルミエール(父ステイゴールド)が菊花賞(GI)6着、グランデアモーレ(父ネオユニヴァース)が準OPという競走実績を残している。

 本馬の父はダイワメジャー。母方にKaldoun(仏種牡馬)を持つダイワメジャー産駒は5頭中4頭が勝ち上がるという好成績。ブレイズアトレイル(14年京成杯AH-GIII・2着、14年小倉大賞典-GIII・3着)、ポールヴァンドル(17年紫苑S-GIII・3着)、デルマネコムスメ(準OP)などが出ており粒もそろっている。芝向きのマイラー。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング