スマートフォン版へ

藤沢和雄厩舎に大物2歳馬が入厩

  • 2018年08月22日(水) 18時00分


ウインゼノビアはアルテミスSで重賞獲りへ(22日・常木・美浦)
 先週札幌のクローバー賞で3馬身差の完勝を収めたウインゼノビア(牝2歳、美浦・青木)。師は「最後は余裕が十分だったし、強い勝ち方だった」と満足げな表情を浮かべる。その長所として「輸送をしても落ち着いていることがいい」と、環境に動じない精神面を挙げる。「馬体重が増えて、腰回りもたくましくなっていた。これから楽しみだね」とさらなる飛躍を誓った。今後はアルテミスS(10月27日・東京)を目標に調整される。

初時計から大物の片りん披露、シークレットアイズ(22日・石渡・美浦)

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

最大全国3場・36レース分の馬柱を提供する競馬新聞『馬三郎』。インターネット版の『馬三郎』は、全レースの馬柱、予想、調教タイム、厩舎コメント、オッズ、馬体重、パドック速報、レース結果をオンラインならではのリアルタイム更新でお届け。また、レース映像の当日配信、馬券購入機能などインターネット独自の革新的サービスも実現。欲しい機能が瞬時に引き出せる、便利で親切、頼りになる競馬予想のベストパートナーです。

馬三郎の詳しい機能はこちらでご確認ください。 ※リンク先はパソコン向けのページとなっております。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング