スマートフォン版へ

秋競馬が開幕 最初のゲストは岩田康誠騎手

  • 2018年09月07日(金) 18時01分
with 佑

▲「インタビューでのメディア出演は久しぶり」岩田康誠騎手がコーナー初登場


 いつも『競馬対談 with 佑』をご愛読いただき、誠にありがとうございます。

 次回は、「インタビューでのメディア出演は久しぶり」という、岩田康誠騎手をゲストにお迎えします。

 岩田騎手といえば、今年の天皇賞・春をレインボーラインで勝利。

 これまで数々のビッグタイトルを手にしている岩田騎手ですが、これが2015年の桜花賞(レッツゴードンキ)以来、実に3年ぶりのGI勝利でした。

 大舞台で無類の強さを見せる岩田騎手だけに、この数字は佑介騎手も意外だったと言います。

 この間どんな思いを抱え、どんな行動をしてきたのでしょうか。佑介騎手に明かした、知られざる胸の内とは…?

 騎乗論の話では、外国人ジョッキーも注目しているという騎乗フォームの話に。

“岩田騎手だからこそ出来る”フォームを佑介騎手が理論的に分析。感覚的に乗りこなしてきたという岩田騎手は、「そういうことだったのか!」と納得の様子。

 ほかにも、後輩ジョッキーから数々の証言があがる岩田騎手の優しさエピソード、早くも“大型新人”と呼び声の高い、来春デビュー予定の息子さんについても語ります。

 インタビューの本編は来週からスタート。初回は9月12日(水)18時を予定しています。お楽しみに!

 netkeiba.com編集部
質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング