スマートフォン版へ

【騎手のGIコース解説】アーモンドアイで三冠へ! C.ルメール騎手が秋華賞の京都芝2000mを解説

  • 2018年10月09日(火) 18時02分
GIドキュメント

▲アーモンドアイでの牝馬三冠と、自身の秋華賞連覇に挑むC.ルメール騎手 (撮影:大恵陽子)


今秋からスタートした新企画。GIが行われる舞台を、実際に勝った経験のある騎手や、そのコースを得意としている騎手に解説していただきます。

6年ぶりに牝馬三冠馬誕生の期待がかかる秋華賞。いよいよアーモンドアイがC.ルメール騎手を背に挑みます。京都の内回り芝2000mは31.7%の勝率を誇るルメール騎手。今年の勝率が25.4%ですから、得意コースと言えるでしょう(※データは2015年3月1日〜2018年9月23日)。本人は「外回りの方が好き」とも話しますが、直線の短い内回りコースについて解説していただきました。

(取材:大恵陽子)


僕は外回りコースの方が好きだけど(笑)


 昨年、ディアドラで制覇した秋華賞コースはスタンド前からスタートする。

「スタートしてすぐにコーナーに入るので、いいポジションを取るためには少しスピードが必要です。1〜2コーナーは結構ペースが速いんですが、時々ペースが落ち着くことがあります。ペースが落ち着くか、ずっと同じペースで流れるかですね。

 向正面でペースを判断して、スローペースなら上り坂のあたりからポジションを上げていきます。ずっと同じペースで流れていれば、後ろのポジションでも大丈夫なのでここはまだ我慢します。

 去年、ディアドラで勝った時は馬場が悪い中、速いペースでした。14〜15番手を進んでいて、3コーナーでもちょっと後ろすぎたので『大外を回ったら間に合わない』と思い、距離ロスの少ないインコースを選びました。

GIドキュメント

▲ディアドラで制した2017年の秋華賞 (C)netkeiba.com


 3〜4コーナーはタイトになりやすいですが、ちょうど前に人気馬がいたのでそれをマークしました。外回りコースなら直線入口で大外に出すのですが、内回りコースなので直線半ばまでインコースを走っていたんです。

 僕は外回りコースの方が好きだけど、アーモンドアイと挑む秋華賞、がんばります!」

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング