スマートフォン版へ

馬も騎手も経験値 南関の若手騎手が他地区期間限定騎乗で本当に得たもの

  • 2018年10月09日(火) 18時01分
馬ニアックな世界

▲佐賀で騎乗中の岡村健司騎手(船橋)、佐賀リーディング2位の飛躍の秘密


「元祖アイドルジョッキー」と言われ90年代後半から2000年代前半に活躍した小田部雪元騎手(中津→荒尾)は、通算196勝(うち重賞3勝)という成績について「たくさんレースに乗せていただいて、勘を養うことができたから」とレース経験の大切さを話していました。競走馬は「10回の調教より1回のレース」と言われることもありますが、もしかしたらそれは騎手でも同じことが言えるのかもしれません。それを何より感じるのは今年の岡村健司騎手の活躍。2016年4月に船橋競馬でデビューし約5カ月で4勝を挙げた彼は、その後佐賀競馬で期間限定騎乗をスタート。今年は佐賀リーディング2位の85勝を挙げ、騎乗数もトップに肩を並べます。岡村騎手は佐賀でどう変わったのでしょうか。

真島大輔騎手(大井)の紹介で佐賀へ


 長野県出身の岡村騎手が騎手を志したのは、動物が好きで乗馬を習っていたことがきっかけでした。

「高校生の頃、しっかり馬術をやろうと思って、週末は千葉県の乗馬クラブに通っていました。そこに、のちの所属先になる船橋の椎名廣明厩舎の休養馬がいたり、奥さんが乗馬をしに来ていたことで船橋競馬との縁ができました」

 2016年4月、20歳で船橋競馬からデビュー。初勝利はそれから1カ月後でした。

「デビュー戦はスタートを決められたのですが、二の脚がつかなくて最後は差して3着でした。そこから上手くいかなくて、厩舎のみなさんに可愛がってもらっていい馬にも乗せていただいていたのですが、初勝利まで1カ月かかりました。早めから抜け出してラストは馬も脚が上がっていたんですが、必死に追って勝ちました。勝った時の気持ちは何とも言えない喜びで、『やっと勝てた』とホッとしました」

馬ニアックな世界

▲「初勝利まで1カ月かかりました。勝った時の気持ちは何とも言えない喜びで…」


 デビューした船橋の地では、高校時代に全日本馬場馬術で岡村騎手が跨った馬が誘導馬をしていました。

「タカラスノーホワイトという馬で、今は誘導馬も引退したのですが、その馬に誘導されて返し馬をするって不思議な気持ちでしたね」

 そんな縁のある地でジョッキーとして日々奮闘していましたが、「結果を出せずに、だんだん自分でも上手くいかない感じがしていました」と歯がゆさを感じ始めます。そんな時、椎名厩舎の主戦で、父親が佐賀の調教師である真島大輔騎手(大井)の紹介で、佐賀で期間限定騎乗をスタートすることになりました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング