スマートフォン版へ

【池添謙一×佐藤哲三】『もはや職人芸!? 現役時代にこだわった“コンマ1秒”の稼ぎ方』/第3回

  • 2018年10月11日(木) 18時02分
哲三の眼!

▲独特の“哲三理論”に池添騎手も興味津々!


今回はお互いが挙げる歴代ベストレースを紹介。池添騎手のGI通算23勝の中で、哲三氏が最も印象に残っているレースとは? また池添騎手が「僕にはできない」と話すタップダンスシチーの乗り方の話題をきっかけに、哲三氏が道中でのコンマ1秒の稼ぎ方を伝授。独特の理論に実績十二分の池添騎手も興味津々!(構成:不破由妃子)

03年ジャパンC「むちゃくちゃ考えて、バカになるしかないと思った」


──哲三さんは、池添さんの技術を高く評価していらっしゃいますが、なかでもその技術力が光ったベストレースというと?

哲三 スイープトウショウの宝塚記念(2005年)とか。謙くんのあの騎乗は好きだなぁ。いつもより前で競馬をしてね。

池添 あのときはスタートがよかったんですよ。それでポジションを取れたんですよね。スタートで遅れていたら、たぶんハーツクライ(クビ差2着)に負けていたと思います。すべてがうまくいったレースですね。ケント(デザーモ/ゼンノロブロイ3着)が早めに佐藤さん(タップダンスシチー7着)を潰しにいってくれて。

哲三 そうだった(苦笑)。それこそ感覚なんだろうけど、謙くんらしい競馬だったと思う。いつもはあまりゲートを出ない馬があの日はポンと出たわけでしょ? 「あ、出てしまった」と思って下げるジョッキーもいると思うけど、謙くんはポンと出た感覚でレースを進めて、勝ってしまったわけだからね。GIでそういう乗り方ができるのは、すごいことだと思う。

哲三の眼!

▲2005年宝塚記念、牝馬の勝利は39年ぶり史上2頭目の快挙 (c)netkeiba.com


池添 たしかに、ポンと出ても一旦下げて、いつものスタイルに収める人もいるかもしれませんね。僕の場合は、「出た! ラッキー!」っていう感じでしたけど(笑)。

哲三 いま、パッと出てきたのが宝塚記念だったんだけど、オルフェーヴルのレースも、いつも巧いなぁと思いながら見てたよ。

池添 オルフェーヴルに関しては、毎レース我慢比べでしたよ(苦笑)。

──ご自身が選ぶ、オルフェーヴルのベストレースというと?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年9月14日生まれ。1989年に騎手デビューを果たし、以降はJRA・地方問わずに活躍。2014年に引退し、競馬解説者に転身。通算勝利数は954勝、うちGI勝利は11勝(ともに地方含む)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング