みんなの「ユーザー投稿」コラム

『カフジテイクが勝つための条件とは?』

2017年02月17日(金)19時20分

注目数:3人
【レース傾向】 
ラップからフラットが1度あり、やや早いペースが3度、1.6秒以上のHペースが6回と、ペースは平均より速くなると考えます。 脚質で診ても、逃げて勝ったのが1度あるが、先行馬が6−4−2、好位差し2−2−7、追い1−4−1と傾向からは先行馬有利のレース。 
通過位置では、番手(3角)で競馬をした馬が4−2−0、8番手以内からで3−4−7と、1着馬の8割が(3角位置)番手以上(内逃+1)で、2着馬の6割が7番手以内からの競馬であった。
一方、後方から上がり最速で勝ったのは、テスタマッタとサンライズの2回で、
今回の注目馬カフジテイクが、同様に嵌れば勝つチャンスがあるが、可能性は2割程度の確率になる。 
又、1番人気馬の1着入線は4度あり、逃げ1回を含めて先行馬のみ、反面、1番人気の追い込み馬が、上がり最速で入線したのは、2着と3着で各1度だけにすぎない。

=(推定値)以上のデータからカフジが勝つための条件は、良馬場想定

A:3角位置13番手以内で、且つ、上がり3F地点差0.9秒以内  
B;前半ペース(推定値46.6以内)が前後差で▲+1.6秒以上、最後方からなら▲2.2秒以上の早い流れが必要
C:前半47秒台で、誰(コパノとかアスカ)かにペースを作られたら絶望的で、バテ差しは厳しいのではないか?

☆考察ポイント
今回のメンツでは、前で競馬の出来る組の臨戦過程が芳しくない点と、逆に前走までに成績の良かったメンツが後傾型の有力馬に偏るという背景で、前の馬を信頼すべきか、後ろからの上がり最速馬を信じるのかで、オッズ割れ濃厚~_~;) 

そこで、このレースに戦略的な糸口がないのか?

このレース(G1)を、何としても取りたいと万全を期している馬主(厩舎)はどこなのか? 最も怪しいのが、2頭出しの石坂厩舎で、馬場氏は大枚を叩いて世界のムーアを確保した。
何となく、秋天のモーリスの時みたいな、嫌〜な予感がする^_^;
チャンピオンズCのノースヒルズみたいに、爆弾ラビットを送る事はないとして、目の上のタンコブは、やはり、後ろから迫って来る鬼脚の化け物に違いない(~_~;)
次にノーザンFの2頭だが、金子さんのデニムは、どう考えてもテスト参戦(~_~;) 

☆構図的には、マル外(米国産)2頭 VS ノーザンF期待のGアリュール産駒のホープ、割って入りそうな社台の去勢馬、そして不気味な高木厩舎でレースは混沌としてきた。

投稿者 : ピャオリャンマオさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザー投稿コラムは、ユーザーが作成したコラム記事です。