スマートフォン版へ

今週の函館2歳Sも主流の要素が薄いレース

  • 2018年07月20日(金) 19時00分


◆例年持ちタイムが上位でない馬が馬券に

 先週の函館記念は七夕賞に続き、非サンデーサイレンス系のエンパイアメーカー産駒が3着。勝ち馬も七夕賞に続き非サンデー系のロベルト系。1〜4着はすべて父が非サンデー系。

 いうまでもなく、日本の主流血統はサンデー系。なかでもディープインパクト、Tサンデー系(亀谷HPで無料掲載している系統分類に基づく)。

 芝中距離重賞で2週連続で父サンデー系が4着以内に1頭も入れないのは、ローカルの馬場はクラシックが行われる舞台とは「要求される能力の方向性」が異なるから。

 函館2歳Sも、クラシックとは要求される才能の方向性がまったく異なるレース。

 父米国型。もしくはサンデー系の中でも芝1600m以下の勝ち星シェアが高い「Pサンデー系」と短距離、ダート適性の高い繁殖と配合された馬が走りやすいレース。

 才能の方向性は短距離指向のスピードとダート寄りのパワー。

 トーセンオパールは父が米国型のスウェプトオーヴァーボード。父フォーティナイナー系は昨年12番人気2着でウインジェルベーラも同系。

 父フォーティナイナー系は、過去3年の芝1200mG1ではサンデー系を圧倒しているように1200mの才能はサンデー系をも凌ぐ系統。ダート1200mの才能はディープインパクトをも上回るサウスヴィグラスも父フォーティナイナー系であるように、パワー+1200m適性が要求される舞台は絶好。

 アスターペガサスの父ジャイアンツコーズウェイは自身も2歳時にフランスの芝1400mG1レースを優勝。産駒も2歳G1で実績を残しています。洋芝適性、2歳戦適性、スプリント適性いずれも優秀な種牡馬。母父も米国型血統のトリッピ。ダート適性、2歳戦適性に優れます。

 ラブミーファインは父ジャスタウェイ。同馬の血統タイプはPサンデー系。自身もハーツクライ産駒の中では、マイル以下の対応力も高く、牝系も米国、スピード色の強い血統。

 母は当コースの2歳戦で当時のレコードと同タイムで3着。牝系も仕上がり早く、当コース向きのパワーとスピードを兼ね備えた一族。

 函館2歳Sは、例年持ちタイムがメンバー中でも上位でない馬が馬券になり、血統に偏りも出るレース。「馬柱」の要素が薄いレースで血統の要素が濃く出るレースですから楽しみです。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「血統の教科書」「重賞ビーム2017」。ツイッターアドレスはコチラ

ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング