血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

高松宮記念は雨もポイント

2017年03月24日(金)19時00分

注目数:68人


◆3コーナーから加速する馬が有利

 中京の芝コースは昨年の夏開催の前に、3、4コーナー近辺に排水溝を設置。これによって、3、4コーナーの路盤の水捌けが向上。3、4コーナーでスピードに乗りやすい馬場になりました。

 特に今週のように、週中にまとまった雨が降った場合、排水口が設置されている3、4コーナーは相対的に軽い状態。そうでない部分は重い馬場になりやすいので、3コーナーから加速する馬がますます有利に。

 高松宮記念も、先週までの馬場傾向であれば、スピードの持続性で押し切れるタイプが有利だったはずです。たとえば、セイウンコウセイは母系にカポウティを持ち、父も1200mの名血。

 しかし、先述したように今週は週中にまとまった雨。水分を含んだ馬場の影響でテンのスピードがゆるくなり、相対的に軽い路盤部分となる3、4コーナーからスピードに乗せるような馬に有利な馬場へとシフトしている可能性が高そう。

 馬力血統と1200mG1に実績のある血統馬。特に1400-1600mでも差して高いパフォーマンスを発揮できていた馬に向く馬場になりそうです。

 そんな想定馬場に向いていそうな血統馬を50音順に3頭ほど。

 シュウジは年末のタフな馬場で行われた阪神Cを上がり最速で優勝。父も制したレースですから、親子制覇。

 父も母も1200m歓迎の血統。阪神Cのような競馬をすれば、想定される馬場にフィットしそう。この馬は高速馬場も対応するでしょう。

 フィエロも先週までの馬場よりは、道中がタフな馬場になるのは歓迎の血統。

 父ディープインパクトも1200mならば、道中の追走がゆるくなり、3コーナーからスピードに乗せていける馬場は歓迎。

 母はロックオブジブラルタルの全妹。昨年2着のミッキーアイルも父がディープで母父がロックオブジブラルタル。ディープ産駒の中ではスプリント対応力も高い配合。

 レッツゴードンキは母父がマーベラスサンデーで母がダートの短距離馬。馬力、パワーが要求される馬場を好む血統。血統的には1200よりは1400の方がベターなタイプで、1200mならば道中の追走がタフな馬場になったほうが持ち味を出せるタイプ。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2017」。

亀谷敬正『血統ビーム的・傾向と対策』バックナンバー