スマートフォン版へ

【初勝利一番乗り】西村淳也騎手(4)『師匠の定年まであと3年、弟子として恩返しを』

  • 2018年05月07日(月) 12時01分
おじゃ馬します!

▲西村「本当にこの顔でよかったなと思ってます」その真相とは!?


今回が西村騎手のインタビューの最終回。新人騎手にとって関係者やファンに顔を覚えてもらうことは、大事な仕事のひとつ。そこにはちょっと自信があるそうで…!「あばれる君と呼んでください!」とアピールしてきた結果、今やトレセンではほぼ「あばれる君」と呼ばれているんだとか。2勝目もマークし(5月4日現在)、プロの騎手として日々精進している西村騎手。最後は、「競馬で肝に銘じていること」「師匠への思い」を語ります。(取材:東奈緒美)


「瑠星先輩には何でも話せるんです」


 ふたつ先輩の坂井瑠星騎手が、netkeibaさんで「挑戦者」というコラムを連載されていて、以前、西村騎手について「明るくて誰からも好かれる性格で、昨年の北海道シリーズにも滞在し、多くの厩舎の調教に乗っていたことを覚えています」と書かれていました。ご覧になりましたか?

西村 読みました! そこに載っていた写真は、僕が瑠星先輩に送ったんです(笑)。

おじゃ馬します!

▲「同期の服部寿希騎手(上)と西村淳也騎手(下)」(提供:坂井瑠星騎手)


 あ、そうだったんですね。瑠星騎手はどんな先輩ですか?

西村 本当に真面目で、馬乗りについて何を聞いても、全部教えてくれます。ご飯にも何度か連れて行ってもらいましたが、1年と3年で競馬学校が被っていたこともあって、瑠星先輩には何でも話せるんですよね。真面目で熱くて、本当にいい先輩です。

 先輩とのエピソードが次から次へと出てきて、本当に愛されてますよね。

西村 いえいえ。あ、顔で得をしているところはあるかも…。

 あばれる君! メディアでもよく、「あばれる君と呼んでください!」とおっしゃってますものね。

西村 はい。トレセンでは、ほぼ全員の方にそう呼ばれています(笑)。

 たしかに、今日(取材場所に)入ってこられたとき、「あ、ホントにあばれる君だ!」と思いました(笑)。

西村 持って生まれた才能です(笑)。この顔のおかげで、厩舎の方たちにも親近感を持っていただけているようなので、今は本当にこの顔でよかったなと思ってます。ただ、逆に名前を覚えてもらえないんですが(苦笑)。

勝ちたいレースは桜花賞とダービー


 あ、そういう弊害も(苦笑)。どんな先輩にも積極的に聞きに行き、いろいろなアドバイスをもらっているということですが、今までに受けたアドバイスのなかで、とくに肝に銘じていることは?

西村 基本的なことですが、「真っ直ぐに走らせろ」ということですね。「動くにしても、必ず確認してから動け」と。それは本当に肝に銘じています。

 ということは、レース中もけっこう注意されたり?

西村 はい。「危ないぞ、危ないぞ」とか「(後ろに)おるおる!」とか、注意される場面がけっこうあります。あと、よく言われるのは、「ムチを使いすぎるな」ということですかね。道具に頼りすぎずに、できるだけハンドライドで追えと。

 そうなんですね。それはなぜですか?

西村 鞭に頼っていると馬がフラフラしやすいというのが一番ですが、あとは「追える」という印象も大事ですからね。実際、上位のジョッキーは、ハンドライドでしっかり追ってきますし。

 上を目指すためには、そういったアピールも大事ですものね。

西村 そうなのかなと思います。どこを一番見られているかといったら、やっぱり最後の直線だと思うので。今はそこでしっかりアピールできるようにしたいです。

 師匠の田所秀孝先生はすごく優しい方というイメージがあるのですが、西村騎手にとってはどんな師匠ですか?

おじゃ馬します!

▲「師匠の田所秀孝先生はすごく優しい方というイメージがあります」


西村 本当に優しい先生です。まだ結果を出せていないのに、自厩舎の馬にたくさん乗せてくださって。

 先生とはよくお話されるんですか?

西村 はい。競馬の話はもちろんですが、私生活の話も…。お金の使い方、言葉の使い方など、とにかく私生活はしっかりしておけと。僕、自分でもわかっているんですけど、すぐに調子に乗っちゃうんです(笑)。

 そうなんですね(笑)。先生もそのあたりを見抜いて、厳しく指導されているのかも。

西村 本当にありがたいです。スタッフの方たちもみなさん穏やかで、すごく居心地がいい厩舎です。先生もあと3年で定年ですから、弟子として何とか恩返しをと思っています。

 あと3年という期限を認識していると、気の持ちようも違ってきますよね。

西村 そうですね。今は一日も早く、自厩舎の馬で結果を残したいという気持ちが強いです。

 では最後に、これからの目標と読者のみなさんにメッセージを。勝ちたいレースは、たしか桜花賞とダービーでしたよね。

西村 はい。桜花賞は地元での開催ですし、騎手になることを決めたきっかけにもなったレースなので。ダービーはやはり、12万人を超えるお客さんのなかで、騎手として一番輝ける舞台ですからね。いつかはそこで頂点に…という思いはあります。でも、今大事なのは、目先の1勝を積み重ねていくこと。前に行く競馬でしっかりアピールしながら早く3勝目を挙げられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!

(了)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。

赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング