スマートフォン版へ

毎年恒例!母と温泉旅行へ「“勝ち負けより、元気に乗ってるほうがいい”と言われましたわ」

  • 2018年01月16日(火) 18時01分
小牧太

あけましておめでとうございます。ここからが本当に1からや


先週は土曜日9鞍、日曜日8鞍に騎乗し、残念ながら今年初勝利はお預けとなりましたが、紅梅Sのグリエルマ(3着)をはじめ、数々の見せ場を演出した小牧騎手。日経新春杯のヒットザターゲット(6着)も、10歳馬とは思えない走りを見せてくれましたね! さて、先週のレース回顧は来週の「太論」でジックリお届けするとして、今回は年末年始の出来事を。年始から小牧騎手ならではのエピソードが満載です!
(取材・文/不破由妃子)



なにはともあれ、早く勝ちたい!


──小牧さん、明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いいたします。

小牧 おめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。先週(1月1週目)でやっと加重制裁対象期間(3カ月)が切れてね。ここからが本当に1からや。とはいえ、あんまり暴れたらアカンけど(笑)。でも気分が全然違う。昨日で試験も終わったしね。

──試験とは、再教育の?

小牧 うん。連続して30点以上もらってしまった騎手が対象の試験。僕を入れて9人いて、みんなで一緒に1時間半の試験を受けて。それにしても、ここ半年でようけ作文(反省文)を書きましたわ。

──本当にリスタートという感じですね。

小牧 そうやね。なにはともあれ、早く勝ちたい! なんせ中央では10月のルドルフィーナ(10月9日・京都8R・3歳上500万下)以来、勝ってないからね。年明けもそのルドルフィーナは期待してたんやけどなぁ。今回はゲートが悪かったし、道中も右にササって競馬にならんかった。一番期待していただけに、ガックリきたね。

──残念ながら、2018年初勝利はお預けとなってしまいましたが、まだ始まったばかりですから。年末年始は、どう過ごされていたんですか?

小牧 去年は28日まで競馬があったんでね、アッという間に年末年始が終わってしまったわ。競馬が終わってすぐに宮崎の実家に帰ったんやけど、2泊3日しかできんかった。で、おふくろを連れて温泉に行ってね。

──お母さまとの旅行も毎年恒例ですね。今回はどこの温泉に行かれたんですか?

小牧 都城市の隣の小林市にある温泉に行きました。明治時代からある温泉で、天然の炭酸泉があるんですわ。

──それは貴重! 最近はスーパー銭湯などでも炭酸泉が人気ですが、人工ですものね。天然の炭酸泉、入ってみたい!

小牧 冷たいんやけど、すっごくいいよ。小さい宿やけど、いかにも秘湯という感じで、けっこう芸能人がお忍びできてるらしい(笑)。年末年始の出来事では、その温泉に入れたことが一番の思い出やね。

──お母さまとおふたりで行かれたんですか?

小牧 そう、今回はふたりで。

──親子水入らずで、いろんなお話をされたのでは?

小牧 そうやね。いつもの如く飲みながら(笑)。やっぱりずいぶん心配を掛けてしまったみたいでね…。「なんせ騎乗停止が心配や」って言われましたわ。おふくろいわく、「勝ち負けよりも、元気に乗ってるほうがいい」と。今年こそ、心配掛けんようにせんとね。で、大みそかは曾和先生のお宅にお邪魔して、元旦は多田神社にお参りに行って。どちらも毎年の恒例行事やけど、去年は珍しく先生の前で酔っ払ってしまったわ。

──そうなんですね。てっきり毎年酔っ払っているのかと(笑)。

小牧 いやいや、先生の前ではないねん。あんなに酔っ払ったのは初めてや。で、奥さんに向かって、昔いじめられたって文句ばっかり言ってたらしい(笑)。

──いじめられたって、奥さまは弟子の体重管理を厳しくしていただけでは…。

小牧 その通りです(笑)。だから次の日、朝一番で「昨日はすみませんでした」って謝りました。

──曾和先生からも、叱咤激励を受けたのではないですか?

小牧 いや〜、本当に最初しか覚えてないんですわ。面白がって、僕にはわざと濃い目にお酒を作って飲まされたんやね。やられたわ(笑)。大みそかは、宮崎から帰ったその足で汗取りに行って、それから先生のお宅に行ったので、余計にお酒が回ってしまったのかもしれん。

小牧太

わざと濃い目にお酒を作って飲まされたんやね。やられたわ(笑)


──大みそかまで汗取りとは! 頭が下がります。2日は久々に園田の新春トークショーにご出演されて。

小牧 そうそう、何年かぶりに参加させてもらいました。

──お写真を拝見しましたが、黒いスーツが決まってましたね。

小牧 たまにはビシッとしていこうかと思って、ちょっと気合いを入れました(笑)。友達の高山トモヒロくんがゲストで来てくれてね。

──芸人さんですね。

小牧 うん。今のコンビ名は「ケツカッチン」なんやけど、昔の「ベイブルース」のほうがみんな知ってるかな。昔、サンテレビで「園田・姫路競馬ダイジェスト&中継」という番組をやっていて、その司会をやっていたのが高山くんで、それ以来の友達や。彼のおかげで盛り上がってよかったですわ。今年久々に参加させてもらったけど、正月のトークショーはね、ジョッキーを辞めるまで続けていければいいなと思ってます。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング