WIN5 スペシャル予想/伊吹雅也

お気に入り

お気に入り

登録済

札幌記念は2000m未満の重賞における実績が重要

2017年08月19日(土)20時00分

注目数:8人


 明日8月20日のWIN5は総出走頭数が80頭、総組み合わせ数が101万880通り(土曜16時現在)。このまま出走取消等がなければ、総組み合わせ数は今年2回目の百万通り超えとなります。これまでのところ2017年の夏季競馬は6月11日の60万8256通りが最高で、前回8月13日も54万4544通りに過ぎなかったわけですから、ここ1〜2か月のWIN5とは別物と思っておいた方がいいでしょう。的中確率が低い分、極端に安い配当で決着する可能性は高くないはずです。

 なお、明日8月20日はGIIの札幌記念が施行されることもあって、発走が小倉→新潟→札幌の順。この影響もあり、1〜2レース目と4〜5レース目が“フルゲート”、かつ1〜2レース目がハンデキャップ競走という構成になりました。序盤も終盤も絞り込みづらい印象を受ける分、「3レース目の札幌記念(札幌11R)まで手を広げるわけにはいかない」と考えるプレイヤーが多くいそう。もしここが荒れるようだと、イメージ以上に大きな配当となるかもしれません。

◆北九州記念は枠順や前走の着順がポイント

 1レース目は3歳以上GIII、ハンデキャップ競走の北九州記念(小倉11R)。土曜16時の時点ではキングハート、ダイアナヘイロー、ファインニードルあたりが上位人気グループを形成しています。

 2レース目は3歳以上オープン、ハンデキャップ競走のNST賞(新潟11R)。比較の難しいメンバー構成ですが、昨年の優勝馬であるエイシンローリンらが注目を集めそうです。

 3レース目は3歳以上GIIの札幌記念(札幌11R)。こちらは土曜16時の時点だとエアスピネル、マウントロブソン、ヤマカツエースあたりが人気を集めていました。

 4レース目は新潟12R(3歳以上500万下)。実績上位のダノンアイリスらに支持が集まるでしょう。

 5レース目は3歳以上500万下の小樽特別(札幌12R)。こちらも降級初戦のコスモフレンチが人気の中心だと思います。

[伊吹式WIN5ランキング 2017年08月20日版]

1位 札幌11R 13.エアスピネル
2位 小倉11R 9.ダイアナヘイロー
3位 新潟11R 14.ブルミラコロ
4位 札幌12R 4.コスモフレンチ
5位 新潟12R 16.ソレイユフルール
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 新潟12R 9.ダノンアイリス
7位 札幌12R 8.ゲンパチケンシン
8位 新潟11R 2.エイシンローリン
9位 小倉11R 2.アクティブミノル
【以上すべての馬を買うと16点買い】

10位 札幌11R 3.ヤマカツエース
11位 新潟12R 10.タニマサガール
12位 札幌12R 13.ポルボローネ
13位 新潟11R 12.ニットウスバル
【以上すべての馬を買うと108点買い】

14位 小倉11R 13.キングハート
15位 札幌11R 1.サクラアンプルール
16位 新潟12R 11.スノードーナツ
17位 新潟12R 13.キャラメルフレンチ
18位 新潟12R 4.ジェルミナーレ
19位 札幌12R 16.アオアラシ
20位 札幌12R 5.ビービーバーレスク
21位 札幌12R 11.ガーシュウィン
22位 新潟11R 15.マイネルバールマン
【以上すべての馬を買うと1296点買い】

23位 新潟11R 1.カジキ
24位 小倉11R 8.ファインニードル
25位 小倉11R 3.トウカイセンス
26位 札幌11R 5.マウントロブソン
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 3レース目の札幌記念(札幌11R)は距離適性に注目したい一戦。2012年以降、かつ札幌芝2000mで施行された年(2012年、2014〜2016年)に限ると、「“JRA、かつ1800m以下の重賞”において3着以内となった経験がない馬」は[0-0-1-23]と勝ち切れていません。また「“同年、かつJRAの重賞”において3着以内となった経験がない馬」は[0-0-0-27]、「前走が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以内だった馬」は[0-1-0-13]。年明けの重賞で結果を出せていない馬や、先行力の高さを活かしたいタイプもそれぞれ苦戦していました。注目はC.ルメール騎手とエアスピネルのコンビ。テン乗り時の好走率が高いジョッキーなので乗り替わりは問題ありませんし、いかにもこのレースが合っていそうです。

 1レース目の北九州記念(小倉11R)は前走好走馬が強いレース。「前走の着順が5着以下だった馬」は2014年以降[0-0-1-25]なので評価を下げるべきでしょう。また「馬番が10〜18番だった馬」は2014年以降[0-0-1-20]、「父にミスタープロスペクター系種牡馬を持つ馬」は2014年以降[0-0-1-14]と、それぞれ連対例なし。不安要素のないアクティブミノル、ダイアナヘイローあたりを重視すべきだと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

伊吹雅也
伊吹雅也
競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』ほかさまざまなメディアに活躍の場を広げている。近著に『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)など。最新刊『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)が2015年08月26 日に発売。