スマートフォン版へ

中山記念はキャリアや実績などに注目したい

  • 2018年02月24日(土) 20時00分


 お気付きの方もいらっしゃると思いますが、今年のWIN5はまだ一千万円を超える配当で決着した回が一度もありません。2018年に入ってからの最高配当は、2月4日の549万8220円。2017年までに発売された全366回中、4分の1強にあたる98回は一千万を超える配当(的中なしを含む。以下同)、3分の1強にあたる127回は六百万円を超える配当だったわけですから、平穏な回が続いていると言っていいでしょう。

 明日2月25日のWIN5は総出走頭数が65頭、総組み合わせ数が31万6800通り(土曜16時現在)とやや少なめ。ハンデキャップ競走もありませんし、また手頃な配当で決着する確率が高いのではないかと思います。少頭数となったレースだけでなく、16頭立ての伊丹S(阪神10R)や18頭立ての阪急杯(阪神11R)まで堅く収まるようなら、1万円未満〜数万円程度の超低額配当となる可能性すらありそう。購入点数が膨らみ過ぎないように意識しながら予想を進めたいところです。

◆阪急杯は1400mのGIIを勝ったことのある馬が堅実

 1レース目は4歳以上1600万下の伊丹S(阪神10R)。実績上位のクリノリトミシュル、ジュンスパーヒカル、2連勝中のフォギーナイトあたりが注目を集めるでしょう。

 2レース目は4歳以上1600万下のブラッドストーンS(中山10R)。キャリアの浅いレレマーマや4歳勢が上位人気グループを形成すると思います。

 3レース目は4歳以上1600万下の関門橋S(小倉11R)。少頭数ながらも比較の難しいメンバー構成で、上位人気勢の支持はやや割れるかもしれません。

 4レース目は4歳以上GIIIの阪急杯(阪神11R)。土曜16時の時点ではモズアスコット、レッドファルクスの2頭に人気が集まっていました。

 5レース目は4歳以上GIIの中山記念(中山11R)。こちらは土曜16時の時点だとペルシアンナイトが断然の1番人気で、アエロリット、ヴィブロス、ウインブライトが続く構図です。

[伊吹式WIN5ランキング 2018年02月25日版]

1位 中山11R 4.ペルシアンナイト
2位 中山10R 1.アシャカダイキ
3位 阪神10R 2.クリノリトミシュル
4位 小倉11R 10.ブランドベルグ
5位 阪神11R 17.モズアスコット
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 阪神11R 15.カラクレナイ
7位 阪神11R 2.シュウジ
8位 小倉11R 1.タニノアーバンシー
9位 阪神10R 15.ジュンスパーヒカル
【以上すべての馬を買うと12点買い】

10位 中山10R 3.レレマーマ
11位 中山11R 10.アエロリット
12位 阪神11R 6.レッドファルクス
13位 小倉11R 11.プロフェット
14位 阪神10R 13.ザイディックメア
【以上すべての馬を買うと144点買い】

15位 中山10R 5.コパノリスボン
16位 中山11R 5.ウインブライト
17位 阪神11R 4.ペイシャフェリシタ
18位 阪神11R 13.ダイアナヘイロー
19位 小倉11R 2.メイショウフェイク
20位 小倉11R 9.レトロロック
21位 阪神10R 10.フォギーナイト
【以上すべての馬を買うと1080点買い】

22位 阪神10R 1.オルナ
23位 阪神10R 8.ホーリーブレイズ
24位 中山10R 6.ハットラブ
25位 中山10R 7.スズカグラーテ
26位 中山11R 3.ヴィブロス
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 4レース目の阪急杯(阪神11R)は実績と距離適性を素直に評価した方が良さそう。「“JRA、かつ1400mのGII”において優勝経験があった馬」は2014年以降[3-2-0-4]と安定しています。一方、この経験がなかった馬に限ると、「出走数が21戦以上だった馬」は2014年以降[0-0-1-35]、「前走の4コーナー通過順が6番手以内だった馬」は2014年以降[1-0-0-28]。高齢馬や先行馬は苦戦する可能性が高いと見るべきでしょう。なお「前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の単勝人気順が7番人気以下だった馬」も2014年以降[0-1-1-33]と勝ち切れていません。今年のメンバー構成なら、カラクレナイ、シュウジ、モズアスコットあたりが楽しみです。

 5レース目の中山記念(中山11R)は臨戦過程がポイント。「前走との間隔が中9週以内だった馬」は2014年以降[0-2-0-18]と勝ち切れていませんでした。また「出走数が18戦以上だった馬」は2014年以降[0-0-1-25]、「“前年か同年、かつJRA、かつ2000m以下のGI”において7着以内となった経験がなかった馬」は2014年以降[0-2-0-26]。若い実績馬を重視すべきだと思います。単勝で保険を掛けることもできる5レース目ですし、断然人気のペルシアンナイトに逆らう必要はないんじゃないでしょうか。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』ならびに『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング