スマートフォン版へ

ダービー馬の秋緒戦。それに対抗出来る馬の有無は!?/神戸新聞杯

  • 2018年09月20日(木) 19時00分


 こんにちは、むねひろ よしたかです。

 秋のG1シリーズがすぐそこまで迫って来ており、今はそのトライアル戦が毎週のように組まれています。

 図式としては『夏の上がり馬』VS『実績馬』となります。

 それまで順調に使ってきたローテーション面のアドバンテージと、そこで賞金もしくは権利を取らないと本番への出走が叶わない背水の陣組が、狙い目としては面白くなります。

 今年は3歳牡馬の夏の上がり馬のレベルが特に高いので、個人的には菊花賞を特に楽しみに感じています。

 蛯名正義騎手・四位洋文騎手が、調教師試験受験を示唆しました。さて結果はいかに……!?

◆神戸新聞杯

ターゲット馬→

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

日本屈指の理論派で、高配当馬券に注目する“競馬穴リスト”。馬場レベルを基本とする『激走レンジ』を駆使するのは既に有名だが、『馬券の買い方』についてもこれまで世になかったメカニズムを発表し、第一人者となる。グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』でも活躍中。主な著書に『同じ予想でプラスになる人、ならない人』など。
公式ホームページ名は『ムネヒロネット』。

ウマい馬券にて『激走レンジ』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング