Beginner's room/netkeiba講師陣

【オススメの競馬書籍(10)】島田明宏さんの推薦はディック・フランシス作品

2015年12月07日(月)12時00分

注目数:35人
オススメの競馬書籍

▲馬事文化賞作家・島田明宏さんが選ぶ名著とは


netkeibaの人気コラムニストたちが、競馬ビギナーさんに「ぜひ読んでもらいたい!」という競馬書籍を紹介するこの企画。最後に登場するのは馬事文化賞作家で、コラム「熱視点」を執筆中の島田明宏さんです。


世界の名作を、美しい日本語で味わう。その中身は競馬という贅沢。


 ディック・フランシス(1920−2010)の「競馬ミステリ・シリーズ」は絶品だ。

 フランシスは、イギリスで障害の騎手として活躍したのち、鞭をペンに持ち替え、1962年に処女長編小説『本命』を発表。以降、ほぼ年に一冊のペースで競馬ミステリを発表しつづけた。

 64年生まれの私が競馬を始めた80年代の終わりには二十数冊が世に出ていた。馬券師としても物書きとしても先を進んでいた何人もに、「読んでいない」と言うと絶句されたので慌てて買った。即、ファンになった。

 シリーズは40冊ほどにもなるが、どの一冊から読んでも楽しめる。

 主人公はいわゆるエリートではなく、どこか陰がある。が、目的を遂げようと突き進む姿は勇敢で、つい肩入れしてしまう。そんな魅力的な人物が競馬に関する謎に迫っていくのだから、馬好きにはたまらない。

 シリーズを原文と日本語訳の両方で読んだ人を私は2人知っている。元ホンダF1チーム監督の中村良夫氏と、俳優の児玉清氏だ(ともに故人)。

「原文より菊池光さんの訳文のほうが素晴らしい」と口を揃えていた。それを母国語で読める私たちは幸せだ。絶版になったものもあるが、今でも書店の「ハヤカワ・ミステリ文庫」の棚に置かれている。

 こう書いているうちに、また読みたくなってきた。書斎で寝藁の匂いをかぎ、馬のあたたかさを感じながら、謎解きを楽しみたい。

オススメの競馬書籍

▲シリーズは40冊ほどにも、「どの一冊から読んでも楽しめる」と島田氏



■著者:ディック・フランシス
■出版社:ハヤカワ・ミステリ文庫
■ご購入は:AMAZON(別サイトへ移動します)へ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

netkeiba講師陣
netkeiba講師陣
netkeibaが誇る講師陣が、競馬ビギナーさん向けに競馬の楽しみ方をレクチャー。もちろん、ベテランさんだって楽しめる内容となっています!