スマートフォン版へ

【石橋脩×藤岡佑介】第5回『ライアン・ムーア騎手や藤田菜七子騎手が持っている“何か”』

  • 2018年07月18日(水) 18時02分
with 佑

▲最終回のテーマは、堀厩舎の馬に多数騎乗しているライアン・ムーア騎手について


石橋騎手をゲストにお迎えしての貴重な対談も今回が最終回。最後のテーマは、石橋騎手と同じく堀厩舎の馬に多数騎乗しているライアン・ムーア騎手について。「最後の直線での馬の体の使い方が全然違う」と、石橋騎手。そこには、JRA女性騎手最多勝利記録に迫る、藤田菜七子騎手にも通じるものがあると言います。 (取材・構成:不破由妃子)

「ライアンが追うと、馬の体がなぜか伸びる」


──今回の対談では、今まで謎に包まれていた石橋さんのプライベートが垣間見えました。そして、馬に対する深い愛情が伝わってきました。

佑介 そこが脩ちゃんのジョッキーとしての一番熱い部分ですからね。だからこそ、「気迫は必ず馬に伝わる」というモットーが現実として生きてくる。普段ため込んでいるエネルギーが、馬上で爆発している感じがしますもん。

石橋 最後は気持ちだと思っているところは大きいかな。でも、それに頼りすぎるのは良くないと思うし、できれば追うときに馬上で動きたくないんだよ。直したいなとは思ってるんだけど。

佑介 それは僕も同じです。でも、NHKマイルCを勝ったあと、四位さんに「最後はフォームがバラバラになってしまいました」って話したら、「最後はそれでいいんだよ。俺も昔、小島太先生に『最後は気迫に勝る扶助はない』って言われたことがある。だからそれでいいんだ」って。そう言ってもらって、間違いじゃないのかな…と思えました。

石橋 僕もそう信じているけどね。でも、意識しないとどんどん崩れていくから。堀厩舎つながりでライアン(ムーア)と同じ馬に乗ることが多いけど、最後の直線での馬の体の使い方が全然違うんだよね。

with 佑

▲世界のトップジョッキー、ライアン・ムーア騎手(2015年マイルCS優勝時、(C)netkeiba.com)


佑介 馬自身の体の使い方が違うということですよね? もちろん、そうさせているのはジョッキーなんですけど。

石橋 そうそう。ライアンが追うと、馬の体がなぜか伸びるんだよ。あんなふうに乗れたらいいなといつも思ってる。馬の体が伸びるような動きをするためには、馬のメンタルをコントロールしなきゃいけないし、体も整えなければいけない。本当にすごいなぁと思うよ。

佑介 理論ではなく、感覚的なものなんでしょうね。本人に「どうやってるの?」って聞いたところで、人に教えられるものではないような気がする。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング