スマートフォン版へ

【ダービー展望】現役トラックマンとSP対談!『最終決断!穴馬記者が“展開的に面白い”と挙げた一頭』/第4回(最終回)

  • 2018年05月23日(水) 18時01分
with 佑

▲現役トラックマンとのSP対談の最終回、穴馬記者が推す一頭とは!?


馬サブロー・妹尾和也記者をお迎えしての“現役ジョッキー×現役トラックマン”のスペシャル対談。最終回の今回は、ダービー展望をお届けします。ダノンプレミアム、キタノコマンドール、ブラストワンピース…有力各馬に対しての妹尾記者の期待度は? そして、競馬で間近で見てきた佑介騎手の目には、それぞれどう映っているでしょうか。(構成:不破由妃子)

(※この対談は4月24日に実施いたしました。ダービートライアルが終了した後に追加取材をしており、その内容は文末に記載しております。なお、佑介騎手は5月20日の京都6Rで開催2日間の騎乗停止処分となり、騎乗予定だったサンリヴァルは浜中俊騎手に変更となりました)


ダービーまでの間隔も加味したブラストワンピースの競馬


──ダービーまでまだ1カ月(取材時点)近くありますが、妹尾さんが現時点で気になっている馬を教えてください。

妹尾 皐月賞組では、やはりキタノコマンドールが気になりますね。皐月賞は正直、「完成度も経験値もGIに入るとどうなのかな…」と思っていたのですが、勝負どころで外を回りながら、ワグネリアンなどを飲み込んで掲示板に載ってきましたからね。さきほど佑介騎手が「皐月賞からの6週間でどれだけ変わってくるかが大事」だとおっしゃっていましたが、未完成なぶん、そういった意味でも注目したいです。

佑介 キタノコマンドールは皐月賞で初めて一緒に走ったんですけど、当日ポケットで馬を見た感じでは、幼くて皮膚もちょっと厚めで、まだ絞れそうだなという印象だったんです。それであの脚を使ってくるんだから、やっぱりたいした馬だなと思いましたね。

妹尾 東京も合いそうですしね。本当によくなってくるのはもっと先かもしれませんが、現時点でも思った以上に強い。今年の皐月賞からダービーへの優先出走権が5着までになりましたが(昨年までは4着以内)、そんな年にきっちり5着してきたあたりも持っているというか。グレイル(6着)とのあのハナ差は本当に大きかった。そのほかでは、毎日杯を勝ったブラストワンピースがすごく気になっています。

佑介 わかります。東京の2400m(2月4日・ゆりかもめ賞)を勝ったあとに、阪神の1800mを使いにきたっていうのが面白いですよね。しかも、ダービージョッキー(池添騎手)が「毎日杯は、(ダービーへの)テーマを持って臨んだ」とコメントしていましたからね。

妹尾 そのテーマというのを、僕はまだあまり消化できていないのですが…。

佑介 池添さんと直接話したわけではないし、どういう馬なのかもわかりませんが、僕が思うに、ダービーでいち早くいいポジションを確保してリズムよく走らせるために、出脚がほしかったのではないかと。ゲートからの促し方を見てそう思いました。ダービーまで間隔が空くこともあり、「毎日杯でしっかり競馬をさせた」という印象ですね。

with 佑

▲「ダービーまで間隔が空くこともあり、しっかり競馬をさせたという印象です」


妹尾 なるほど。いや、おっしゃる通りかもしれません。

佑介 3歳のこの時期に2400mの500万を使われる馬というのは、本来ならスピードが足りない馬が多いと思うんですけど、ブラストワンピースの場合、2400mでも1800mでも強い競馬ができることを証明しましたよね。

妹尾 まさにスピードとスタミナを兼備したタイプということですね。血統も一本筋が通っていますし、かなり面白い存在だと思います。血統でいえば、サンリヴァルも東京2400mで真価を発揮しそうな血筋ですよね。

佑介 父の母がエアグルーヴ、母の母がウメノファイバーという“オークス血統”ですからね。ひょっとしたら東京2400mでさらに化けるかも…という楽しみはあります。まだ僕が知らないギアがありそうな気もしていますし。

──妹尾さんは、ワグネリアンの巻き返しについてはどう見ていらっしゃいますか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング