スマートフォン版へ

小崎綾也騎手のオーストラリア外伝 ―驚愕エピソードからマメ知識まで―

  • 2018年02月15日(木) 18時01分
up to ME!

▲小崎騎手の口から飛び出す、驚愕エピソードやマメ知識の数々


オーストラリア武者修行の成果を語ってもらったインタビュー。今週は“番外編”として、日本の常識では計れない!? オーストラリア競馬について教えてもらいます。小崎騎手の口から飛び出した、驚愕エピソードやマメ知識の数々とは。(取材・文:不破由妃子)


オーストラリアの競馬ファンはお酒が大好き!


 オーストラリアの競馬場ではドレスコードが設定されている開催日があり、そういう日は場内がより一層華やかになります。ただ…、みなさん競馬はそっちのけで、お酒を飲んでばかり(笑)。

 日本でもお酒を飲んでいるお客さんはたくさんいらっしゃいますが、飲みながらも真剣に予想して、ちゃんとレースを観ていますよね。でも、オーストラリアの競馬ファンは、お祭りのように飲んで騒ぐのが一番の目的というか、同じ競馬でも楽しみ方が全然違うんだなと(苦笑)。それはそれですごく楽しそうでしたけどね。

 ただ、着飾った方たちが泥酔している光景は、ある意味、カルチャーショック(笑)。ドレスを着たまま酔っ払って倒れている女性を見たときは、本当にビックリしました。

実戦さながらの「トライアルレース」で新馬も万全!


 開催のない競馬場で、平日の朝から約10分間隔で行われているのがトライアルレース。新馬やブランクがある馬のための、いわゆる“模擬レース”ですが、僕がお世話になっていたクリス・ウォーラー厩舎では、順調に使っている馬の追い切り替わりとしても使っていました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

1995年5月13日、滋賀県生まれ。父・小崎憲はJRAの調教師。同期は松若風馬、石川裕紀人ら。2014年に栗東・村山明厩舎所属でデビュー(現在はフリー)。同年2月、調教中の怪我で同期よりデビューが1か月遅れたが、騎乗初日に父の管理馬で初勝利を挙げ、1年目は38勝を挙げる活躍を見せた。デビュー4年目の2017年、長期海外武者修行を決意。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング