スマートフォン版へ

【京都金杯】相手の動き&少頭数を利用した武豊騎手の仕掛け「勝負が決したのは直線よりももっと前」

  • 2018年01月11日(木) 18時01分
哲三の眼

▲武豊騎手が京都金杯で見せた“的確な状況判断”を解説!(C)netkeiba.com


新年一発目となる今回は京都金杯(GIII)から武豊騎手の技術を解説。強烈な末脚を武器とするブラックムーンに騎乗し、定石通り後方からレースを進めるも3コーナー過ぎから徐々に進出を開始。その裏には相手の動きや少頭数を意識した“的確な状況判断”が見えたといいます。当連載最多登場となる大ベテランから今年も目が離せない!(構成:赤見千尋)

「勝ち方をジョッキーから教えてもらったら、馬もさらにレベルアップする」


 netkeibaユーザーの皆さま、明けましておめでとうございます。今年も独自の視点でレース分析をしていきますので、『哲三の眼!』をよろしくお願い致します。

 新年一発目は京都金杯の(武)豊さんに注目しました。4番人気のブラックムーンで豪快な差し切り勝ちを見せてくれましたが、勝ちにくい状況の中でも勝ってしまう技術の高さ、視野の広さ、繊細かつ大胆な騎乗が見れたレースだったと思います。

 基本的にこの時期の京都の1600mというのは、例年前残りや前々で脚を溜めている馬が有利で、後ろからの馬は勝ちにくい状況が続いています。それでも、今年は13頭立てと少頭数だったため、差し馬にもチャンスがあるなと思っていました。

 何頭か前に行きたい馬がいるけれど、それほどハイペースにはならないだろうなという見立てで、ブラックムーンはスタートしてからもう少し前へ、僕はキョウヘイの前くらいに行くのかなと思って見ていました。でも豊さんは馬を急かすことなく、結果的には最後方からのレースになりましたね。

■1月6日京都金杯(9番:ブラックムーン)

 こういう形になると、ブラックムーンは最後の末脚がすごい馬なので、直線まで我慢するものだと思うじゃないですか。でも豊さんは動いて行ける形を3コーナー手前からしっかりと作っていて、状況判断をして3コーナー過ぎくらいから動いて行きました。

 おそらく意識して見ていたのが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年9月14日生まれ。1989年に騎手デビューを果たし、以降はJRA・地方問わずに活躍。2014年に引退し、競馬解説者に転身。通算勝利数は954勝、うちGI勝利は11勝(ともに地方含む)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング