スマートフォン版へ

【秋華賞(GI)】クリストフ、豊さん、ミルコの駆け引き合戦に興奮「見ていて本当に楽しかった」

  • 2017年10月19日(木) 18時01分
哲三の眼

▲今回は哲三氏も興奮した秋華賞レース中に行われていた騎手の駆け引き合戦を解説!(C)netkeiba.com


今週は牝馬クラシック最後の一冠・秋華賞(GI)をピックアップ。ルメール騎手の“神騎乗”が話題となったこの一戦も、哲三氏がポイントに挙げたのは武豊騎手&M.デムーロ騎手を含む上位3頭の騎乗ぶり。哲三氏に「見ていて本当に楽しかった」とまで言わせるトップジョッキー同士の駆け引き。その勝負の分かれ目とは?(構成:赤見千尋)

「ずっと“豊さんが勝つのかな”と思って見ていた」


 今週、注目したのは秋華賞です。まずファインプレーだと感じたのは、おそらく皆さんが思っている通りクリストフ(・ルメール騎手)。さらに、豊さん(武豊騎手)のポジショニング、ミルコ(・デムーロ騎手)の内回り2000mを意識した早めの追い込みと、上位3人の駆け引きはライブで見ていて本当に楽しかったです。「そう出るか!」という動きもあったし、これぞ京都の2000mの戦いだなと思いました。

 各騎手のファインプレーをお話しする前に、何がそのファインプレーに繋がったのかといえば、やはり仕上げが大事だと思います。

 ディアドラは前日も15-15で最後もしっかりとムチを入れて追っていました。それでいて馬体重が増えていたし、パドックではどっしり構えて気合も乗っていて、一番よく見えました。陣営の細やかな気を利かせた仕上げが勝利に繋がったと思います。

■10月15日秋華賞(GI)(京都)


 リスグラシューも渾身の仕上げだったし、ポジショニングとしては僕は豊さんの方が良かったと思うんです。その中でディアドラが差し切ったというのは、馬の力、状態、クリストフのファインプレー、馬場状態とすべてのことが噛み合ったからではないでしょうか。

 では、3人の動きを振り返って行きましょう。3人の中では一番前にいたのがモズカッチャンのミルコ。アエロリットを目標に競馬をして、早めに動いて粘り込もうという騎乗でした。それをちゃんと見ている豊さんは一番勝ちに近いパターンだと思っていたのですが、その豊さんを見て、外からじゃ間に合わないと思って、馬場が悪い中、3コーナーで内を選んだクリストフはすごい。

 実際、豊さんの外から

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年9月14日生まれ。1989年に騎手デビューを果たし、以降はJRA・地方問わずに活躍。2014年に引退し、競馬解説者に転身。通算勝利数は954勝、うちGI勝利は11勝(ともに地方含む)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング