スマートフォン版へ

【馬上カメラ動画】騎手目線の調教映像「残り800mからスピードを上げ、直線で並びかけて併入」の指示を体感!

  • 2018年10月18日(木) 18時01分
挑戦者

▲15日に撮影時のソールインパクト(前、馬上は瑠星騎手)とチェスナットコート(後)


馬上から受ける風の感じやスタンドの景色など、ぜひ見てみてください!


 こんにちは。坂井瑠星です。

 今回のコラムでは、先日の追い切りで知り合いの方から借りて撮ったヘルメットカメラの様子や、コーフィールドカップ(20日)に向けての近況について書きたいと思います。

 この追い切りの指示は、掛かる馬なので道中は前の馬から3馬身くらい離してリラックスさせ、残り800mからスピードを上げていき、最後の直線で並びかけて併入してくれというものでした。

 実際、前半かなり行きたがり、それを必死に抑えているためカメラが揺れていますが、気分が悪くなってしまったらすみません(苦笑)。

 馬上から受ける風の感じや、スタンドの景色など、なかなか新鮮だと思うのでぜひ見てみてください。



 追い切りの日は、このような感じで自厩舎の馬に10頭くらい、そして時間が余ればほかの厩舎の馬にも何頭か乗るという流れです。

 僕の前を走っている馬に騎乗しているのは、南オーストラリアのトップジョッキーです。

 こういった普段の調教での乗り方もジックリと見て技術を学んでいます。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1997年5月31日、東京都生まれ。父・坂井英光は大井競馬所属の騎手、叔父も元騎手の坂井薫人という競馬一家。同期には荻野極、木幡巧也、藤田菜七子らがいる。2016年に栗東・矢作芳人厩舎でデビュー。1年目は25勝、2年目は36勝を挙げる活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング