スマートフォン版へ

シティ開催でアピールできる絶好のチャンス!“絶対にモノにしてやる”

  • 2018年04月19日(木) 18時01分
挑戦者

▲3月24日に4勝目をマーク、初めてのシティ開催での勝利 (C)The Rising Sun Photography by Makoto Kaneko



【質問&応援メッセージを募集】

坂井瑠星騎手への質問&応援メッセージを募集いたします。以下のフォームからお送りください。たくさんのメッセージをお待ちしております!

■受付フォーム■(※外部サイトへリンクします)

生中継での勝利騎手インタビュー、ここで英語が話せないと逆効果に


 こんにちは。坂井瑠星です。

 3月24日に4勝目、4月8日に5勝目を挙げることができました!

 4勝目を挙げたのはドバイに行く前日で、騎乗したのはCaptain Duffyという馬。調教では何度も騎乗していましたが、競馬に乗るのは初めてでした。

 レースが行われたのはMorphettville競馬場で、アデレードのなかでは一番大きく、GIなども行われるメインの競馬場であり、僕はまだMorphettvilleのようなシティ開催で勝ったことがなかったので、その点は少し不安がありました。

 トレーナーからの指示は、3〜4番手につけて脚をタメ、最後に抜け出すというもの。3〜4番手といっても、外3番手はオーストラリアでスリーワイドといわれる最悪なポジションになってしまうので、何とか馬の後ろに入れて距離ロスをなくさなければなりません。シティ開催では馬群がより密集しているので、いかに早く内に入って馬群をスムーズに捌けるかが勝負のポイントです。

 Captain Duffyの前走はアデレードのトップジョッキーが騎乗し、スリーワイドになって伸びを欠いての敗戦でした。この日はそのジョッキーが騎乗停止中だったので僕にチャンスが回ってきたわけですが、シティ開催でアピールできる絶好のチャンスであり、絶対にモノにしてやるという気持ちでレースに臨みました。

挑戦者

▲レース前の作戦会議、隣はフィリップ調教師 (C)The Rising Sun Photography by Makoto Kaneko


挑戦者

▲馬場入りの様子、「絶対にモノにしてやる」という気持ちで挑んだ (C)The Rising Sun Photography by Makoto Kaneko


 レースは好スタートから指示通り、2番手の後ろの4番手から抜群の手応えで進みました。あとは外から被せられず、内からも押し出されないように直線まで運び、追い出すだけです。3〜4コーナーでペースが上がったときに少し置かれ気味になり、内から押し出されそうなシーンもありましたが、何とか我慢して直線に向きました。

 右から左に鞭を持ち替えて使うと、手前を替えて一気に先頭に立ちました。このときにはすでに勝ちを確信しましたが、ラスト50mでソラを使って失速し、大外から伸びてきた馬に並ばれたところがゴールでした。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1997年5月31日、東京都生まれ。父・坂井英光は大井競馬所属の騎手、叔父も元騎手の坂井薫人という競馬一家。同期には荻野極、木幡巧也、藤田菜七子らがいる。2016年に栗東・矢作芳人厩舎でデビュー。1年目は25勝、2年目は36勝を挙げる活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング