スマートフォン版へ

40歳超で2度のリーディング 北沢伸也騎手が障害に乗り続ける理由

  • 2018年07月17日(火) 18時01分
馬ニアックな世界

▲将棋が趣味の北沢騎手、栗東トレセンの障害騎手部屋には大きな将棋盤が!


先月23日の東京ジャンプSは林満明騎手が障害レース2000回騎乗達成と、それをもって騎手を引退するということが注目を集めました。そのレースでもう1人、注目を集めたベテラン騎手がいました。

単勝10番人気のサーストンコラルドで同レースを制覇した北沢伸也騎手(47歳)。「引退するまでもう重賞を勝てないかと思ったよ」とこぼした笑みには、2度の騎手引退の危機を乗り越え、40歳を超えてから障害リーディングに輝いたベテランの苦悩と喜びが刻まれていました。

林騎手が引退すると、障害騎手では2番目の年長者。「夏はレース後がキツくって…」と話しますが、それでも乗り続ける理由とは。



【お知らせ】
今回のコラムにご登場いただく北沢伸也騎手が、先週14日(土)中京4レースで落馬。第4頸椎を骨折されました。しばらく休養されるとのことですが、また元気なお姿でレースに戻ってこられることを心からお祈りいたします。


「どれだけ遅咲きなんだ」40歳超で2度のリーディング


 1990年にデビューし、2年目には平地24勝を挙げた北沢騎手。平地のみで騎乗を続け、97年も10勝を挙げますが、「このままだといよいよ騎手を引退しなくちゃいけない」と危機感にさいなまれたといいます。

「あの頃はほとんど自厩舎(荻野光男厩舎)にしか乗っていなくて、2桁勝利を挙げられていたのも師匠のおかげでした。でも、厩舎解散が迫っていたんだよ」

 デビュー9年目、26歳の初春。若くして引退の二文字が頭をよぎっていた頃、1頭の障害オープン馬・エイユーダンボーが転厩してきました。

「最後の悪あがきで障害に乗り始めました。とにかく同期で最初には辞めたくないっていう意地でね。障害に乗ってもダメなら諦めよう、と思っていたら、慢性的に人不足だったからみんなが可愛がってくれたんだ。嘉堂さん(信雄元騎手)や酒井浩さん(元騎手)、出津さん(孝一元騎手)、熊沢さん(重文騎手)が『この馬だったら大丈夫だから』って乗り馬を回してくれたり、秋くらいからは橋田満先生の馬にも乗せてもらったり、自分で調教した馬でも勝てて。それで、やっていけそうかなって思ったかな」

 障害デビューイヤーの98年に3勝を挙げ、2002年にはデビュー13年目にして重賞初制覇(阪神ジャンプSミレニアムスズカ)。

「厩舎解散で引退していたら、何にも残せないままで何のために騎手を目指したのか分からなかったけど、重賞を勝ててよかったよ」

 自厩舎の解散前、騎手でいつづけることを諦めず障害レースに活路を見出したからこそ手にしたタイトルでした。その後も勝ち星をコンスタントに積み上げていきます。

「障害乗り役としてやっていけるかな」――そう思い始めた頃、2度目の引退の危機が迫ります。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング