スマートフォン版へ

『ばん馬ソリに乗ってみた!』女性騎手たちの前で大恵陽子が体当たり企画

  • 2018年09月11日(火) 18時01分
馬ニアックな世界

▲ばん馬界のディープインパクトことカネサブラック産駒のハクウンリューと


1t前後の大きな馬体で、何百kgものソリを引くばんえい競馬。騎手はソリに乗ってレースをしますが、私、大恵もそのソリに乗ってみました! ソリを引いてくれたのはばん馬界のディープインパクトことカネサブラック産駒のハクウンリュー。まだ3歳の若駒は見た目以上のスピードで走り、ソリの上で立っているだけでも大変でした。太ももが筋肉痛になりながらの体験で見えてきたばんえい騎手のすごさや、ばん馬の可愛さをご紹介します。

意外とスピード感あるソリ


 9月3日、ばんえい帯広競馬場。

 この日、地方競馬の女性騎手による戦い「レディスヴィクトリーラウンド(以下、LVR)」のばんえいエキシビジョンレースが行われました。

馬ニアックな世界

▲LVRのばんえいエキシビジョンレースで集まった女性騎手たち


 LVR出場の宮下瞳騎手、木之前葵騎手(ともに名古屋)、別府真衣騎手(高知)に加え、ばんえい競馬唯一の女性騎手・竹ケ原茉耶騎手、そして最近引退した鈴木麻優元騎手、下村瑠衣元騎手がばんえいレースに挑戦するというもの。エキシビジョンレースに先立ち、調教馬場で練習が行なわれました。

馬ニアックな世界

▲鈴木麻優元騎手(左)と宮下瞳騎手(右)


馬ニアックな世界

▲別府真衣騎手(左)と木之前葵騎手(右)


 昨年も同エキシビジョンレースは行なわれたため、みな約1年ぶりのばん馬の感覚を楽しむ中、鈴木元騎手は昨年、落馬負傷中だったため今回が初参戦。調教師にソリに同乗してもらい、何度も障害を越えて感覚を掴んでいっていました。

 女性騎手たちの練習がひと段落した頃、帯広競馬場のご厚意で私もソリに乗せていただきました。相棒はハクウンリュー。お父さんはばんえい記念を制するなど重賞21勝のカネサブラックという良血3歳馬なのですが、実はこの日が「男、最後の日」でした。鈴木邦哉調教師によると「明日、去勢するんだ。これからは全国各地のイベントに出張していく予定だよ」ということです。

馬ニアックな世界

▲鈴木邦哉調教師とハクウンリュー


馬ニアックな世界

▲三つ編みは師が自ら行ったもの。「たてがみの装飾はファンから贈られたリボンやシュシュ、季節に合わせてひまわりとかを使うんだ」と鈴木師


 ソリの人が乗る部分は、両端が凹み、中央部と前後が高くなっています。

 今年、ばんえい騎乗2回目の宮下騎手に

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング