スマートフォン版へ

堀宣行厩舎の新馬戦必勝法(辻三蔵)

  • 2018年10月16日(火) 18時00分

モレイラ騎手に合わせたローテーション


 今年の2歳戦の生産者別成績では、ノーザンファーム生産馬が最多の94勝を挙げている(データは2018年10月14日現在)。全体の勝利数(317勝)の30%を占めており、獲得賞金(10億9185万円)は10億円を超えた。2位社台ファーム(18勝、獲得賞金2億3110万円)、3位ビッグレッドファーム(6勝、獲得賞金9055万円)を大きく引き離している。

 馬主別成績ではノーザンファームと連携するキャロットファーム(20勝)、シルクレーシング(18勝)、サンデーレーシング(17勝)が1〜3位を独占。ノーザンファーム生産馬が主軸を占める社台グループオーナーズの吉田勝己氏(9勝)、個人馬主の金子真人ホールディングス(7勝)、近藤利一氏(7勝)、ダノックス(6勝)が高確率で勝ち上がっている。

 ノーザンファーム1強体制が確立した現在、調教師に必要なのは勝利への明確な戦術だ。ノーザンファーム生産馬の出走回数394回は全体の1割を占めており、同じ生産馬同士の対戦が増える。ノーザンファーム生産馬が入厩し、レースに使えば、勝てる時代ではない。ローテーションや騎手起用も含めた総合的なマネジメント能力が問われている。

 関東リーディング首位の堀宣行厩舎の今年の2歳戦成績は[5-1-0-0](勝率83%、複勝率100%)。特徴的なのは短期騎手免許を取得したモレイラ騎手をフル活用していること。

 モレイラ騎手の免許期間中に2歳新馬を4頭使い、4戦全勝。モレイラ騎手を起用し、新馬戦を勝った4頭の内3頭がノーザンファーム生産馬。身元引受調教師の堀調教師がモレイラ騎手の免許期間に合わせてローテーションを組み、確実に勝てる状態に仕上げている。

 10月20日(土)東京5R2歳新馬戦(芝2000m)ではサトノジェネシス(サトノダイヤモンドの全弟)がモレイラ騎手でデビュー予定。南馬場ウッドコースの1週前追い切りではモレイラ騎手が騎乗し、クラシコ(古馬1000万下)相手に3馬身先着した(調教時計:5F69秒2)。

 今年、モレイラ騎手が堀宣行厩舎の直前追い切りに乗った場合、[2-0-1-0](勝率67%、複勝率100%)。騎乗機会は少ないが、ブーザーで新馬戦を勝ち、アルバートに騎乗し、京都大賞典で3着している。仕上げ人としても定評があり、直前追い切りの騎乗にも注目だ。

 モレイラ騎手&堀厩舎のコンビは2歳重賞でも強固な信頼関係。10月20日(土)東京9RアイビーS(2歳オープン)でカウディーリョ、10月27日(土)東京11RアルテミスS(GIII)はミディオーサとタッグを組む。

 モレイラ騎手の免許取得期間は第2期が10月28日(日)まで。その後は11月10日(土)から12月9日(日)の1カ月間取得予定だ。モレイラ騎手&堀厩舎が2歳戦でどれだけ勝ち星を積み重ねるのか。中央競馬リーディングトップの藤原英昭厩舎を8勝差で追う堀厩舎にとって、新勢力の台頭が首位奪取の必須条件だ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング