スマートフォン版へ

エピファネイアが左前繋靱帯炎のため引退 種牡馬入り

  • 2015年07月30日(木) 12時01分
 2013年の菊花賞、14年のジャパンCを制したエピファネイア(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が、左前脚の繋靱帯炎のため引退することがわかった。30日、キャロットクラブのホームページで発表された。

 同馬はドバイ遠征から帰国後、宝塚記念に向けて調整が行われていたが、左前脚の繋靱帯炎を発症したため、同レースの出走を回避。休養に入っていたが、最終的に復帰を断念することとなった。

 エピファネイア父シンボリクリスエス母シーザリオその父スペシャルウィークという血統。2012年に競走馬としてデビューし、同年のラジオNIKKEI杯2歳Sを無傷の3連勝で制覇。翌13年春の皐月賞日本ダービーではともに2着だったが、秋の菊花賞で5馬身差の圧勝を決め、母シーザリオとの母仔クラシック制覇を達成した。その後14年のジャパンCでも4馬身差で圧勝し、今年はドバイワールドCに挑戦した(9着)。通算成績は14戦6勝(重賞4勝)。

 今後は社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

【プロフィール】
エピファネイア(牡5)
厩舎:栗東・角居勝彦
父:シンボリクリスエス
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:14戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年ジャパンC(GI)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す